郵送購読の長所と短所をくわしく解説

さっきのページに戻る

郵送購読の長所
@新聞配達店による配達は直販でないため、月の途中からの号については割引価格が適用されず一部買い定価となります。
Aジャパンタイムズ本社からの直販
が郵送購読です。東京都港区のジャパンタイムズ本社から、毎週、あなた様に直接郵送いたします。
B郵送は読者の名前が書いてあるので、その個人あてに必ず届きます。新聞配達は、個人ではなく家やオフィスに対して届くので、途中でどこかに紛れ込んでしまうことも。
C日本全国どこでも問題なく購読できます。
D「STニュースCD」は配達店からは購読できません(ジャパンタイムズ直販のみ)。

短所
@郵送であるため、新聞配達よりも自宅に届くのが2日程度あとになります(東京で水曜日前後、全国で木曜日前後に到着)。ジャパンタイムズは自社全国配送網を持っていませんので、お許しください。お急ぎでない方は、ぜひ「郵送購読」で(=販売店経由ではなく、ジャパンタイムズから直接送付)申し込んでください。明治時代に定められた第三種郵便物(新聞用)として、あなた様のところへのんびり参ります。
A郵送は手作業で折られて送るため、紙面に折り目が付きます。
新聞配達のほうが、早朝に紙面が届き、折り目がなく、すがすがしくてよいという方もいらっしゃいます。
B「6ヵ月」という条件での購読ですので、途中解約ができません。(3ヵ月や1年購読も選べます)

新聞配達を希望される方は、配達店に取り次ぎます(お客様と配達店との間での契約となります)。朝日新聞配達店(中京地域では中日新聞販売店)から配達されます。月途中の号は一部買い定価で、以後は毎月1100円ずつ6ヵ月集金されます。
Japan Times Plusで手続き。なお、一部地域の新聞配達店は、ST配達は利幅が薄いので、「朝日新聞の読者でないと配達しません(セットであれば配達する)」としています。配達店は個人経営であるため、残念ながらこういうケースがあります。

●郵送 = 直販ですので、ジャパンタイムズにお客様への配達情報が記録され、きちんとアフターケアができます。また、お客様に対して、「直接の読者である」という親しみを感じております。
「新聞配達店からの配達」をご希望されますと、残念ながらジャパンタイムズは当事者ではなくなってしまいます(配達店とあなた様との契約になります)。ジャパンタイムズ社の役割は、お近くの配達店(朝日新聞または中日新聞)にお取次ぎをすると終わってしまいます。「今週号がまだ届いてない」など、その後のご連絡は、配達店(= 契約当事者)に直接お願いいたします。ジャパンタイムズにご連絡していただいても、当社には配達情報がまったくないのです。

「STの直販第1週号が無事に届きました。先週は無料でSTが届き驚きましたがとても嬉しかったです。 これまで折り目のないSTを手にしていましたが、初めから折り目のあるSTもなかなかいいです。 Japan Times のどなたかが折って、そして届けられていると思うとSTが届けられるまでのちょっとしたドラマを感じます」
(東京都・青柳 佐世子さん。「無料で」とあるのは、購読開始まで間があったのでジャパンタイムズ販売部員がおまけしたもの)

さっきのページに戻る 



 


amazon

 

amazon

●アマゾン ベストセラー

・インターネットで海外ドラマ Hulu

 

・Google広告

 


このHPの見つけ方→