ホーム
上へ
著作権法ガイド
入試と著作権法
報道法
内部統制
検索
時差
単位
台場
台場年表
豊洲
お台場花火
東京ビーチ
おみくじ
運転
認知症
肩こり
腰痛
冒険団
防災 目次
省エネ 夏冬
グッズ
子ども
リンク

お台場の歴史年表

+豊洲・晴海年表 

東京港と臨海副都心の歴史  「豊洲とお台場」比較コーナーも

臨海副都心総計画面積は442ヘクタール。

豊洲の再開発エリアは50ヘクタールあり、東京ディズニーランドとほぼ同じ

------------------------------------

東京港は遠浅(水深2〜4m)だったため、古くから埋め立て

明徳3年 1392 中世品川湊が活況 
長禄元年 1457 太田道灌(上杉家の家臣) 江戸城築城、江戸湊を開く。田舎だった江戸で始めての城 

江戸時代  東京港は「江戸湊」と呼ばれていた

慶長17年 1612 徳川幕府 江戸湊の改築

江戸時代初期   今の日比谷・日本橋が埋め立てられる

1700ごろ(元禄時代)   江戸、人口100万に達し、世界一の大都市に。当時、ロンドンが70万人、パリで50万人ほど。

江戸時代の風景が描かれた絵画:
『名所江戸百景』(広重)  『東海道五十三次』(広重) 『江戸名所図会』 『江戸と東京実見画録』 『東都名所』 『冨獄三十六景』
関連サイト:国立国会図書館貴重書画像データベース 名所江戸百景を歩く 

 
1838頃 歌川広重 「江戸近郊八景之内 芝浦晴嵐」 国立国会図書館

嘉永6年 1853/6 ペリー浦賀に来航。4隻の艦隊で江戸幕府に開国を要求。 翌年春に再訪へ

    江川太郎左衛門は下田を警護。5/19、勘定吟味役格を命じられ、海防の会議に出席、あらためて江戸湾防衛の必要性を説き、ジョン万次郎の登用を願い出た

1853/7  品川台場(今のお台場)建設を提案  「海岸御見分ニ付見込之趣申上候書付」を江川太郎左衛門が幕府に提出

江戸防衛のため、江戸湾内に砲台設置を決める。お台場の設計者は西洋砲術・海防の第一人者・江川太郎左衛門英龍(伊豆韮山代官だったのを幕府が勘定吟味役に任命)。英龍の結論は観音岬などにも砲台をすえる広大な計画だったが、財政難の幕府に受け入れられず。「最小限の予算で最大の効果を得ようと考案されたのが、『大砲11門をジグザグに並べ、これに迎撃、横撃、追撃の3機能を持たせる』... 英龍はエンゲルツ(オランダ人)の亜塞築城書を手本に、海中を埋め立て五角形の砲台場を構築する設計を完成」(港区産業・地域振興支援部「まち探訪ガイドブック」06/11 p.38 )
→品川台場の築造に着手(8月)→安政元年1854年7月完成。「台場」とは大砲の砲を置く。品川台場は幕府を指して「御台場」と呼ばれたことから現在の「お台場」に。
江戸湾内に砲台を11基設置する計画だったが、完成は5基。
1年3か月かかって第一〜第七の砲台を築いたが、第四、第七台場は未完成。残りを作る前に日米和親条約が結ばれて必要がなくなった。一つの面積は3.3万平方メートル、周囲を石垣で巡らした四角形(方形)などで、船が入る出入口は江戸の方向。1926年(大正15)史跡品川台場に指定。
現在では第3台場(四角形)、第6台場(五角形に近い)のみが残る。 地図(Satelliteビューに切り替えると、第6台場も写る)
設計者英龍生誕の静岡県・韮山町に町立韮山郷土資料館あり。お台場海浜公園に韮山町がベンチのような石碑2つと桜を2004設置。
靖国神社に1854設置の「青銅80封度(ポンド)陸用加農(カノン)砲」が屋外展示されている。

第三台場での防衛は、譜代大名の忍藩(おしはん、埼玉県行田市あたり)が担当

幕末  東京港は開港せず

明治13年 1880 松田東京府知事はじめて東京港築港論を提案 

     築港が隅田川口改良工事として始まる。水路の浚渫 → 浚渫土砂による月島や芝浦の埋立造成 

お台場は首都防衛のため、軍が管理

明治末期  東京港の整備が本格化   
    浚渫、深い水深(8〜15m)の航路を掘削 →大量の浚渫土砂で広大な埋め立て →2008までに5730ヘクタール(千代田・中央・港・新宿区を合わせた面積ぐらい)  

1916(大正5年) 第3、第6台場が東京市に払い下げに。ごみ焼却場予定地だったが、立ち消え。
  第6台場は1913東京毎夕新聞主催の納涼会(花火・相撲)以降、一般に開放されたことはない。

1923(大正12年) 関東大震災で陸上交通網の崩壊を経験
豊洲は関東大震災のかれき処理地だった(がれきで豊洲は埋め立てられた) 
→本格的ふ頭の建設  →1925(大正14年)に日の出埠頭、1932芝浦埠頭、1934竹芝埠頭

1924(大正13年) 第3、第6台場 史跡名勝天然記念物保存法により史跡に仮指定 →東京市が大正14,15地震復旧工事、第3台場の予算は1.9万円。休息所補強、管理人詰め所、波止場、火薬庫の隣に60mの掘りぬき井戸を設けた。

大正後期〜 埋立事業によって豊洲地区は形成された

1928(昭和3年) 第3台場(国の史跡)が歴史公園としてオープン、園内に陣屋、火薬庫跡。第6台場は現在も非公開、野鳥のサンクチュアリになっている。

1929/7 第3台場が東京市営公園に

昭和12年7月15日  「埋立地5号地」等を正式に豊洲と命名 命名の3説


昭和14〜18年 石川島造船所 が建設(第1〜第3工場)。→2001最後のIHI進水式 →2006跡地にららぽーと など

昭和16年5月20日 1941  東京港開港 
 
戦争
昭和 台場も首都防衛の一翼 照明灯か高射砲、高射銃が設置されていた可能性が高い
1945年(昭和20) 1月9日 石川島造船所空襲
2月9日  東雲、豊洲空襲
2月19日 東雲、豊洲、古石場、南砂空襲
3月10日東京大空襲 →関東大震災のときと同様に、隅田川河口に近いお台場には多くの犠牲者が4/20ごろから流れ着いた。当時第3台場手前にあった「潮位観測所」に勤務されていた佐藤弥一さんは発見するたびに独力で収容、自費で火葬、無縁仏として同地に埋葬、約百体。(りんかいBreeze07/10/12)
終戦 →港湾施設は占領軍が接収

戦後  豊洲石炭ふ頭や晴海ふ頭などが建設

昭和26年 1951 港湾法 東京都が東京港の管理者となる 

このあたりの年表は、Wikipedia「お台場」に詳しい 

1953  埋め立て造成工事が順次竣工

1950年代 晴海埠頭が完成。東京の「海の玄関」に。「見本市の晴海」イメージが定着 〜1996

昭和42  世界的なコンテナ輸送革命   東京港では1960年代以降、コンテナ輸送革新を積極的に受け入れ

昭和50年代 豊洲に民間マンションやスポーツ施設できる 

1974  船の科学館  お台場で初の大規模施設


1974  セブンイレブン1号店が豊洲に 

1979  13号埋立地が完成

1983   有明テニスの森公園

1984 「晴海をよくする会」発足  1987 晴海一丁目地区市街地開発協議会

1986   東京7番目の副都心に指定

1987 有明コロシアム

1988/3  臨海部副都心開発基本計画(東京都港湾局)

1988 地下鉄有楽町線豊洲駅完成

 


1989/3当時の台場ビーチ周辺   ビルは皆無。レインボーブリッジなどの建設資材らしきものが多数置かれている  国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省を使用して作成

 

平成元年 臨海副都心の開発始まる 1989/4  臨海副都心開発事業化計画  港区・品川区・江東区にまたがる442 ha

1991 晴海客船ターミナル 
1992年 豊洲ONビル、豊洲センタービル 

1993 レインボーブリッジ開通。芝浦地区とつながる


↑《写真提供》 国土交通省 東京港湾事務所     左は芝浦ふ頭

お台場から


1995 ゆりかもめ   
お台場がだいたいできあがる
1996/3 お台場が町開き 以後は「13号地」とはあまり呼ばれなくなる。

1996  臨海線     
ビッグサイト開業   晴海(国際見本市)からバトンタッチ

1996 臨海副都心開発の基本方針

1997  フジテレビ、台場へ移転

1998  自由の女神像 
    「日本におけるフランス年」を記念して、本物(アメリカの独立百周年に対してフランスから送られたニューヨークの像に対するお礼として、フランスのアメリカ人がフランス革命100周年を記念して贈ったパリの自由の女神像)がパリ市から一年間の期限でお台場に →1000万人が見学に
    →「日本におけるフランス年」の一環としてフランス政府公認のレプリカが2000年に現在の場所に

2001 豊洲1〜3丁目地区まちづくり方針発表

まちづくり推進計画 

2001/4/14  「晴海アイランド トリトンスクエア」オープン

2002 豊洲2・3丁目地区再開発地区計画整備方針都市計画  電線の地中埋設、水辺はプロムナードとして開放、四季の街路樹

2003  江戸開府400年記念事業

2003〜7 基盤整備工事 = 道路・公園

2004  有明に「オリゾンマーレ」398戸

2005  臨海副都心の居住人口は5000程度

2005 豊洲3丁目公園   
スーパービバホーム
豊洲店

2006 晴海通り延伸  晴海大橋開通
ゆりかもめ豊洲まで延伸(将来は勝どきまで)。台場と豊洲がつながった。→台場住民は豊洲を毎週訪れるようになった(定期が豊洲まで同料金なため)
豊洲公園、豊洲IHIビル、芝浦工大豊洲移転

10/5 ららぽーと豊洲オープンで大混雑。キッザニアなど新聞テレビで取り上げられる

2007 豊洲北小学校

2007  乃村工藝社本社ビル、台場ガーデンシティビル =港区台場(最狭義の台場)の開発は完了、もう開発予定地はなし

2008  パークシティ豊洲完成 

2008/10 都が商業施設「パレットタウン」用地(約7.9ヘクタール)を売却  森ビルとトヨタ自動車に

2009 有明に「ブリリアマーレ有明タワー」1085戸

2009  The Toyosu Tower完成  
東京有明医療大学・有明教育芸術短期大学開校
ホテルサンルート有明

2010 「the SOHO - Tokyo Bay Work Style」オフィスビル

2010 防災公園(そなえりあ)

2011 有明に「ブリリア有明スカイタワー」1089戸

2011/3/11 東日本大震災    →別ページの年表

2011 江東区立有明小・中学校

2012/2/12 東京ゲートブリッジ 開通

    レインボーブリッジの三倍の長さ。二匹の恐竜が対峙するかのような外見。下は航路、近くに羽田空港ということで、鉄骨を三角形につなぐ「トラス橋」に。 大田区城南島と江東区若洲を結ぶ、東京港臨海道路の橋
    開通により渋滞緩和、トラックなどはお台場の国道などを通らずに済む
    一般道で通行は無料。橋からは絶景、富士山も。中央の最も高い場所は海面から60m
    歩道(エレベーターで上がる)は夜間は閉鎖。若洲側に行くには、新木場駅前から若洲公園のキャンプ場行きのバス 国交省・東京港湾事務所

2012/4/19 「ダイバーシティ東京」   =「やっと、お台場が完成する」(H&Mチラシより)
フジテレビ裏に大型商業施設 DiverCity   「ダイバーシティ東京 プラザ」は「劇場型都市空間」がコンセプト   (隣接はオフィスビル「ダイバーシティ東京 オフィスタワー」)
    ユニクロ、H&M、JINS、マクドナルドなどのショップ、大型エンターテインメント施設「ラウンドワン」(ボウリング、カラオケ、スポーツなど)、エリア最大(700席)のフードコート
広場には、(平成21年夏、潮風公園へ52日間で415万人を呼び寄せた)高さ18m実物大ガンダム立像を再び設置 →2017/3/5を最終日に撤去
    ダイバーシティ東京は、三井不動産、大和ハウス工業、サンケイビルが共同で設立。フジテレビジョンはイベントプロデューサー   

2012/4/19 お台場レインボーバス  
 台場←→田町駅と、台場←→品川駅 のシャトルバス2路線
   車内案内は、フジテレビアナウンサーの声。「ホテルグランパシフィック LE DAIBA」、「ホテル日航東京」の玄関まで行くので、宿泊客には特に便利。田町駅とお台場を結ぶ交通手段としては唯一。お台場住民にとっては、田町駅は「最も近いのに、最も遠いJR駅」だった(直線距離では近いが、交通手段がなかった)が、レインボーバスによって田町駅前の区総合支所、区スポーツセンター、幼児施設Pokkeなどを利用することが可能になった
それ以前、田町方面へは船のみ。品川方面はわずかな都営バス便のみで、当管理人を含め台場住民が港区に対策を要望していた

2013  晴海ライナー開通  東京駅・有楽町駅と直結バス

2012  武蔵野大学・有明キャンパス

2013/1 臨海副都心の居住人口は13,237

2013/4/1      kmフラワーバス     お台場⇔浜松町駅  都営バス「虹01系統」廃止の代替

2013/9    東京オリンピックII(2020)が決定、五輪特需

    新築マンションのモデルルーム来場者増加。湾岸エリアの「住宅価格は今より3割ほどあがる」(みずほ証券アナリスト、朝日新聞2013/9/20)

2015  「ブリリア有明シティタワー」600戸

2015/11から10年間 BMW展示・試乗  東京交流館の裏

〜2015  臨海地区の都市基盤整備が完了
     環状2号線などほぼ完成
     青海地区・有明北地区についてまちのだいたいできる

 

2015/2 田町駅東口に愛育病院が移転(総合周産期母子医療)。地域の小児医療が充実

2016 有明親水海浜公園(仮称) 11ヘクタール
   埋立造成中の水際線に。  「旧防波堤」を、磯浜や砂浜を備えた海浜公園として整備。汐入 干潟機能を持った緩傾斜護岸、カニ等の水生生物にやさしい近自然型護岸(「カニ護岸」)  海の生物や鳥などの生息場所を確保  (江東区「みどりの基本計画」などより)

2016 東京オリンピック招致計画(2016用)では、江東区有明の空き地が選手村の建設予定地だった  →2020用計画では変更

 

2016   江東区有明北地区(1街区、3.6ヘクタール)開発 →ユニクロ用の巨大物流倉庫、Dプロジェクト有明1  
    URを大和ハウス工業が2013/8/30に競争入札で、なんと421億7000万円で取得。近隣専門サイトなどによると、周辺より一割ぐらい割高らしい

201?   江東区有明北地区(2−1街区街区、0.9ヘクタール)開発
    UR、2013以降に競争入札で譲渡

2016/11   豊洲市場が開場 (築地市場が移転)   

    汚染土壌を除く工事などで開場が遅れた
    「食」を中心とした観光拠点となる千客万来施設も設置。いくつかのビルで、場外市場のような140店や温浴ビル。大和ハウス工業などが運営

 

2016以降  すべての臨海地区でまちが完成へ

 

大型スポーツ施設

 

2019 有明二丁目にマンション・ホテルなど第一期オープン 住友不動産  2025第二期オープン
    住宅戸数は1,540  「住宅、商業、ホテル、サービスアパートメント、ホール、保育施設、駐車場等」 2015/9/30環境影響評価書案
    2015/1に 「有明ガーデンシティ」としてオープンのはずが、計画見直しとなった
・以下は、2010/12当時の幻の計画 =============== 
住・商・業複合施設 11ヘクタール 有明北3-1地区 住宅、大型ショッピングセンター等  ARIAKE Garden City(仮称)
平成22年12月16日港湾局、都市整備局発表: 独立行政法人都市再生機構と共同公募を実施し、臨海副都心有明北3−1地区(11街区)の進出事業予定者は住友不動産株式会社に決定 110,188平方メートル売却  緑化率は4割超 ○事業のコンセプト ARIAKE Garden City 〜住・商・業・文化が複合したまちづくり〜 ○施設内容  住宅、大型ショッピングセンター(生鮮食品販売店舗を含む)、賃貸オフィス、イベントホール、保育所  ○住宅 地上32階・地下1階×2棟 2,000戸 (地上高 約115メートル) ○商業 地上4階 (地上高 約22メートル) ・スーパーマーケット ・教育、文化、スポーツ機能 ○業務 地上7階・地下1階 (地上高 約30メートル) ○ホール  地上1階 (地上高 約15メートル)  ・地域イベントから国際的イベントまで、大小さまざまな催事に柔軟に対応できる、首都圏有数の規模となるイベントホール   延床面積  住宅 約196,276平方メートル  商業 約57,599平方メートル  業務 約13,013平方メートル  ホール 約18,919平方メートル   予定事業費 約1,028億円(うち用地費416億円)   事業開始予定時期 平成27年1月(一部開業予定)  →実際には空地のまま経過  港湾局発表資料より 

 

2019   晴海島に選手村完成

 

2020 東京オリンピック・パラリンピック

開会式など:国立競技場

選手村:晴海(花火見物用の空き地だった)。この半径8km内に多くの会場が収まる「コンパクトな大会」。晴海は2016招致計画ではメーンスタジアム予定地だった

臨海副都心ではおよそ12種類の競技を予定

・お台場海浜公園      トライアスロン、水泳10km   座席数は1万席

・潮風公園            ビーチバレー

・東京ビッグサイト      レスリング、フェンシング、テコンドー

・有明ベロドローム(仮設) 自転車

・有明アリーナ(新設・大型体育館)  バレーボール

・有明テニスの森       テニス

・海の森 (中央防波堤外側埋立地) 自転車、馬術、ボート、カヌー  

 

2021年度までに  「パレットタウン」跡地に
    オフィス、ホテル、コンベンション、商業施設など 森ビルとトヨタが計画

2027  都営辰巳1丁目団地建て替え 完了

 

平成30年代半ば  運河が、泳げる水質へ
    芝浦下水処理場(港区港南)の新ポンプ場が完成。昭和6年に作られた芝浦下水処理場からは、処理しきれない下水をときどき、お台場の対岸あたりの運河に放水している。深さ65mの巨大な地下貯留施設が完成すれば、運河に放水している未処理下水をためこむことができるし、さらに大田区の処理施設までへの圧送管も設置  完成すれば、汚水を一滴も芝浦運河に放水しない見込み

 

臨海副都心エリアは  38,000人の居住計画

 

参考資料 東京都港湾局 東京港の歴史 豊洲2丁目・3丁目開発計画  
東京都港湾振興協会 東京みなと館 東京のみなととうみ 港区産業・地域振興支援部「まち探訪ガイドブック」06/11       TRITON LIFE(晴海アイランド トリトンスクエア発行)Spring 2010       りんかいBreeze(臨海副都心新聞販売株式会社)07/8/10p3〜(連載「ぐるっとお台場」)、09/1/9特集など Wikipedia「お台場」   国土数値情報ダウンロードサービス(国土交通省) 内国土情報ウェブマッピングシステム(航空写真) FAQ   2015/12/5「海の工事見学会」資料、株式会社トマック  

本「品川台場史考 幕末から現代まで


■晴海年表


江戸時代 晴海はまだ海。陸地は現在の佃島あたりだけ

1887〜埋め立て工事(東京湾での大型船航行可能にするため掘り下げ、発生した土砂で佃島南側埋め立て)。さらに月島、勝どき、1962豊海

1931 晴海が完成

1955 晴海ふ頭が完成。「陸の玄関」東京駅と並ぶ「海の玄関」。羽田空港は「空の玄関」
    東京日本国際見本市(〜1996)第1回 「見本市の晴海」のイメージ定着

1984 8社が「晴海をよくする会」   会長:江間洋介さん(江間忠ホールデイングス)
    1986「晴海アイランド計画の提案」

2001/4 トリトンスクエア

2006/3 晴海大橋が開通 晴海と豊洲を結ぶ

2006/11 大型オフィス(晴海センタービル) ホテル浦島の跡地

2008 豊洲大橋 開通 環状二号線延伸

2013 大規模構想住宅群 朝潮運河を望む超高層タワー4棟などUR都市機構が開発

2016 の東京オリンピック誘致案で、晴海5丁目(東京国際見本市会場跡)はオリンピックスタジアム候補地

2031 トリトンのノーストリトンパークにあるIDタワーに埋められているタイムカプセルを開ける


豊洲 と お台場 比較 よく似ていますが違う点も

どちらも海に面している。高層階からは東京湾が絶景。
     お台場は人工砂浜あり土が多い。豊洲はスーパー運河でコンクリート地面のみ。
     お台場の海は夜も見える(フジテレビと屋形船などが照らしている)。豊洲の海は夜は真っ暗であまり見えません。

どちらもショッピングセンターがある。
     お台場はデックス・メディアージュ・アクアシティ。レストランは観光客料金で住民には住みづらい。小さなスーパーが2つ。とShop99
     豊洲はららぽーと豊洲・Viva Home・シエルタワー。まともなレストランもあり。大きなスーパーが2つ、小さなスーパーが1つ。とダイソー。
     お台場にはビーチがあり、(ららぽーと)豊洲にはヒミコが入港する中庭がある。

どちらも公園がある。
     お台場には巨大なお台場海浜公園など数箇所。海浜公園内に第三台場公園も(江戸幕府大砲の台場跡)
     豊洲には豊洲公園。横(ゆりかもめ側)に子どもたちに大人気の遊具公園も

どちらも電車が2系統。
     お台場は ゆりかもめ と臨海線。ゆりかもめ は景色はよいが、クネクネ路線で不便。週末リゾートで、ウィークデーは閑散。
     豊洲は  ゆりかもめ と有楽町線(都心と近く便利)。平日もまあまあ人出がある。

どちらも埋立地:お台場の歴史はペリー来襲への備え。豊洲は造船所 IHI(石川島播磨重工)

どちらも計画的な大規模開発地。ビルとビルの間がゆったり、道路も広い。
     お台場はすべて新しい。豊洲は古い街(IHIの門前町)も残りパチンコあり(お台場では禁止)

どちらからもレインボーブリッジが見える。
     お台場は正面に見える。豊洲の正面は青い豊洲大橋で、その先にもう1つ橋を建設。3つめに重なって見えるのがレインボー。ららぽーとに展望台がないのが残念(レストランからは見えます)

どちらも屋敷船(屋形船)が見える。
     お台場ではお台場海浜公園に夜間は停泊、フジテレビを眺めて宴会。豊洲は横の運河からカラフルな屋形船が次々にお台場へ向かうのが見える。

どちらもキッズ施設がある。
     お台場はトイザらス。豊洲はキッザニア、abc kidsなどキッズに強いのが特色。お台場はどちらかというとカップル向き。豊洲はファミリー向き。

どちらもドックカフェが数ヶ所ある。
     お台場ではビーチで散歩やボール投げ・拾いをよくやっている。豊洲はドッグランがある。


台場

 


豊洲

 


Google広告

 


本ページは「豊洲ガイド」ページより独立2011/9/7

■関連ページ  お台場ガイド  豊洲ガイド  東京湾大華火祭


 


[ 戻る ] [ 進む ]

amazon

ホーム
著作権法ガイド
入試と著作権法
報道法
内部統制
検索
時差
単位
台場
台場年表
豊洲
お台場花火
東京ビーチ
おみくじ
運転
認知症
肩こり
腰痛
冒険団
防災 目次
省エネ 夏冬
グッズ
子ども
リンク 

amazon

●アマゾン ベストセラー

・インターネットで海外ドラマ Hulu

 

・Google広告

 


このHPの見つけ方→