お台場花火
お台場から見える花火大会ガイド by地元住民
お台場独自の花火大会情報は速報。(東京湾大華火祭は2015で終了) お台場ビーチで楽しく見るために

このページの目次: 
新情報コーナー 
お台場から見える花火の種類
 
花火見るベストスポットランキング
  
お台場から見るFAQ
  
   晴海会場   
 芝浦埠頭会場 
花火リンク(順延・中止情報)


■お台場花火 最新情報    

●2018/5/26土(荒天は翌日) 大型花火大会 第二回STAR ISLAND

    16:00開場〜21:00    第二回めの開催 お台場海浜公園は全体貸し切りで、チケットを持っている人しか入れない  本格的な花火・音楽・パフォーマンス  周辺歩道や近隣公園から花火を眺めることは可能。前回の地図と比べると、今回は、ビーチに面した自由の女神像周辺一帯の公園に立ち入り規制がかかっていない。しかも花火にはビーチよりも近い! ということで、花火だけを無料で見たい人には自由の女神像周辺が穴場になりそう。詳細は下記の初回(2017年)を参照

 

●2017/12月の毎週土曜日  お台場レインボー花火2017   

お台場海浜公園・鳥の島沖  12月2日、9日、16日、23日、30日(いずれも土曜日)  19時00分より10分間  荒天は中止

●12月16日(土曜日) 18時過ぎか 東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.2
花火と連動したコラボレーション作品が数分間   東京ビッグサイト会議棟前広場 (お台場のビーチからは見えない)

 

●台風接近のため中止  2017/10/21土 18:30〜 ぴあ主催  お台場会場芸術花火祭2017 

有料 2,800〜15,600円  お台場海浜公園  音楽連動花火 10,000発以上  花火ショーとハロウィンイベント  地元住民も抽選で招待していた

●2017/9/16,17,18土日祝  20:58から2分間ほど  東京ビッグサイト付近

●2017/8/7   19:45〜5分間ぐらい 花火700発  東京ビッグサイト

東京ビックサイトでのStand Up Summitの一環の「プロジェクションマッピング 夏フェス2017」のなかで、花火も打ち上げ

19:00イベント開始。19:20〜20:00 の間のプロジェクションマッピング三企画の最後が「新作マッピング映像「夏祭り」と花火700発の共演」なので、花火自体は19:45〜20:00くらいと思われる

入場無料、無料フードエリアあり(たこやき、やきそばなど)  打ち上げ場所はテレコムセンター付近の沖か。→お台場ビーチからは見られず。高層ビルからは見えた。
入場無料なので、ビッグサイトに行けば花火も見られる

プロジェクションマッピング&花火〜は荒天時順延(8月8日19:30〜20:00予定) 

 

●2017/5/27土 19:15〜20:45 待望の大型花火大会 STAR ISLAND

「未来型花火エンターテインメント STAR ISLAND

 16時開場  台場エリアでの大掛かりな花火大会の復活だが、ビーチはほぼすべて有料エリア      チケットは3000〜10000円  「ショーパーフォーマンスと、3Dサウンドを駆使した最先端ミュージック花火」  打ち上げは定番地点であるお台場海浜公園沖(アクアシティ前の「自由の女神」像の沖600m) 住民説明会5/14 
いわゆる(誰でも見れる)花火大会というよりも、公園を占有してキョードー東京が行う有料「ライブ」。

東京都や港区が後援なのに、チケットが高額で、お台場海浜公園のほぼ全体から一般人を終日締め出してしまうので混乱を懸念。会場設営が大掛かりであり、コスト的にも持続可能であるか懸念。都立公園の利用であり、都・区が後援ということならば、入場無料あるいは低価格にして、食事・物品販売で収益を上げるモデルにしたほうがよいのでは。東京湾大華火大会のころは、数万人がビーチをおおいつくすほど人が来ていたのだから。2012/10/7にも同様の有料 「東京ミュージック花火」が行われたが、一度だけで終わってしまった。

STAR ISLAND実行委員会(キョードー東京に事務局) 5/22からビーチに会場設営作業、当日はビーチ全体を花火用に占用するという大掛かりなもの 地元住民300人を無料招待
今回の新イベントはノウハウを持つキョードー東京が運営するので期待大。しかしビーチがほぼすべて有料エリアとなり、料金は高額。ウェブサイトは派手で、宣伝動画付き。一か月前(4/28)にはほとんどのチケットが売り切れ、8000円のチケットしか残っていなかった。コンビニなどでも発券。当日は満員状態だった。


↑STAR ISLAND実行委員会 資料より引用

お台場ビーチのほぼすべてが有料エリア。第三台場は立ち入り禁止。花火を無料で見たい人は、(1)アクアシティ屋上やデックスの3F通路、(2)潮風公園の北端(地図では左端)に行けば見られたはず。(3)お台場レインボー公園(地図右端)からも少し見えたはず。地元住民に知り合いがいれば、(4)マンションのベランダに出ると向きによってはよく見えた (5)ヒルトンやグランドニッコーに宿泊 (5)あきらめて有料席を購入
公式サイト STAR ISLAND

 

 

●お台場レインボー花火2016  12月の毎土曜7pm 各1,800発

12月3日・10日・17日・24日・31日の各土曜日19時00分から10分間 (24日はミュージック花火)
    東京都発表では「お台場海浜公園“自由の女神像”沖より打ち上げ……荒天の場合は中止」
    実際の打ち上げ場所は、いつものお台場海浜公園 鳥の島沖で台船から打ち上げ    公式サイト

●2016/12/17土 東京ビッグサイト

   「東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.」  
     ビックサイトのビルに17:00〜18:10プロジェクションマッピングのあと、花火700発 打ち上げは有明西ふ頭公園前の海上 おしるこ・スープをふるまうスタンドを設置

●2016/10/21(金) 18:20から5分間  
    お台場海浜公園の沖 テンポが速く激しい連続花火  トヨタのCM撮影のための花火とのことで、住民への事前説明はなかったようだが一部の人は知っていた 

●2016/9/22(祝) 8時 謎の花火  お台場海浜公園の沖   立派な花火が10分間ほど 事前情報なし

●2016/9/17日(土)18日(日)19日(祝)  ULTRA JAPAN 2016 花火が「20:45〜21:00までの間の2分間」

●2016/8/22 フジテレビのオリンピック花火  
      リオ・オリンピックが閉幕した日に、「SKY HANDOVER - RIO To Tokyo -」と題したイベント花火をフジテレビジョン(報道局)主催で、東京オリンピックへの雰囲気を盛り上げることを目的に。夜「20:45〜21:00までの間で3分間」で、お台場海浜公園・鳥の島沖で打ち上げる予定だったが、同日に台風が上陸しお台場も今年最強のすごい暴風雨に見舞われ(4pm前後)、中止になるだろうと思われた。しかし8:55に、突然の発射音とともに台風一過の空に、レインボーブリッジを背景にカラフルな花火が打ち上げられた。お台場のマンション群では、記録的な数の住民がベランダに出てきて鑑賞、「たまやー!」の声も。終了時にはあちこちから大きな拍手が沸き起こった。華火祭がなくなっていたため、印象に残る花火となった。
主催者のフジテレビは住民住戸に事前にチラシを配布、「大々的な花火開催告知は行う予定はございません」とあった。事前にGoogleしても情報はなし。
同日夜のFNNニュースによると、SKY HANDOVERはIOC公認イベントで、日中にはライブが予定されていたが、荒天のためスタジオ内に移動して行われたとのこと。

●2016/8 東京湾大華火祭は終了のため、今年からなし

●お台場レインボー花火2015    
        12/5,12,19,26(すべて土曜7pmから10分) 荒天中止 お台場海浜公園・鳥の島沖から打ち上げ

●2015/9/19,20,21 「ULTRA JAPAN 2015」(野外コンサート)で花火打ち上げ 
        20:45〜21:00までのうち、わずか2分間。場所は、フジテレビ裏側(陸地側)のULTRA JAPAN会場らしい。お台場海浜公園からはフジテレビ越しに花火の上部分が見えるのみ(音はよく聞こえる)。潮風公園のULTRA側ならよく見えるかも
なお、ULTRA JAPANは、トランスなど電子音系ダンス大音響の野外大コンサート。観客の多くは派手な扮装をする。扮装をした観客たちは付近をうろうろ、2015/9は隣のダイバーシティで、露出の多い服装での入館不可と掲示された

・「お台場夏祭り」(レインボー公園)  2015年は花火なし(8/29土)  例年は19:30ぐらいに花火をビーチ沖から打ち上げていた

●2015/8/8(土) 第27回東京湾大華火祭

午後6時50分から午後8時10分まで   打ち上げ花火12,000発 東京湾大華火祭 "2015年が最後"かも  →最後となった。オリンピック工事のため

お台場レインボー花火2014 

2014年12月6日,13日,20日,27日(いずれも土曜日) 夜7時からおよそ10分 荒天中止 

●お台場夏祭りの花火 2014/8/23(土) 19:30〜 10分くらい   雨天は24(日)順延

お台場の地元住民向けの祭り。フジテレビなど地元企業協賛。「レインボー公園」で開催。花火はビーチから見る。大きな花火ではないが、目前のおだいばビーチ沖から打ち上げ

●東京湾大華火祭 2014/8/10 (日) 雨天で中止となった(順延なし) 

    台風11号が西日本通過のため少し雨。6:50〜8:10 12,000発の予定だったが、中央区サイトで当日の10amに中止が発表された

●「お台場レインボー花火2013」 11/23,30 12/7,14,21,28 すべて土曜7pm 10分間

荒天中止 打ち上げ場所はお台場海浜公園沖(レインボーブリッジ手前左)の「鳥の島」の脇 

主催は、お台場レインボー花火実行委員会(東京臨海ホールディングなど) 都など後援

● 「お台場レインボー花火2012」(第二回。2007のを入れると第3回) 2012/12月の土曜日(1,8,15,22) 7pmより10分間 

公式サイト 主催は、お台場レインボー花火実行委員会(東京臨海ホールディングなど)

●2012/10/7 18:30〜19:20 「東京ミュージック花火」 初開催 7000発 交通規制 砂浜は有料

    「お台場の秋の名物」を目指し、お台場の企業等による「東京ミュージック花火実行委員会」主催(宝島社が実行委員長) 完全音楽シンクロ(スピーカーは海浜公園の砂浜部分=有料エリア に配置)  30分の1秒単位で音楽に合わせて花火を打ちあげる 
最大5号玉(開花直径170m)、計7,000発  (東京湾大華火祭は12000発、最大15号玉)   東京湾大華火祭(豊洲の海上から打ち上げ)と違い、お台場(「自由の女神」から沖に見える島の脇)で打ち上げるため、お台場では大きく見える
大規模な交通規制をするのでマイカーは注意  
2012/9/23地元住民説明会 

●2012/8/24(金) 9pm お台場夏祭り(祭り自体は区立レインボー公園にて)前夜祭用の花火  お台場の企業協賛  

●2012/8/11(土)  東京湾大華火祭  7pm   

●2012/7/23(月) 「お台場合衆国」(フジテレビ主催) 花火打ち上げ

7:15〜8時までのうち、5分間のみ。荒天は翌日に順延。お台場海浜公園の沖(鳥の島の反対側)の台船から打ち上げ。

●2012/3/11(日)  「3・11を心に刻む「次世代の想像のために」 〜東京の夜空を照らす輝きと想い〜」

18時5分と18時45分に花火  お台場海浜公園の「鳥の島」沖(ビーチ正面)から打ち上げ  東京青年会議所

●「お台場レインボー花火2011」 12月の全土曜日 Xmasも

12月の土曜日、つまり12/3, 11, 17, 24(クリスマスイヴ)  7pmから10分間 荒天中止

お台場海浜公園の「鳥の島」沖(ビーチ正面)から打ち上げ。東京(ビッグサイト)での約20年ぶりのモーターショー開催を歓迎するために、地元企業による「お台場レインボー花火実行委員会」が企画、10/18に地元住民に実施案内を配布

●2011/8/26 8:45 p.m. お台場夏まつり花火

    お台場住民の夏まつりで、花火を打ち上げた。場所はお台場海浜公園の第六台場裏。お台場のまちができて15周年を記念し、恒例の夏まつりに企業が参加しやすいように前夜祭を設定、個人にも協賛マイ花火を募集した。雷雨後の小雨時に実施。歓声が上がった。
お台場夏まつり実行委員会事務局(台場区民センター所長)

●2011年花火大会は中止(東京湾大華火祭) 電力不足のため

震災で福島原発が使用できないなか夏の電力ピーク時期にあたること、節電のため交通機関が異常な混雑になること、震災対応に人員をさくため、主催の中央区が中止を決定。隅田川花火は開催となるなど、対応は分かれた。

3月11日 東日本大震災    
4月5日   東京湾大華火祭 中止発表   
8月13日  予定されていた日
8月27日  隅田川花火大会は1カ月遅れで開催

------------------------------

第24回「東京湾大華火祭」の中止について 
 去る3月11日午後2時46分に発生した「東日本大震災」で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆さま方に心からお見舞い申し上げます。
 未曾有の激甚災害によって廃墟と化した被災地の一日も早い復旧・復興を図るため、いま、国を挙げて最大限の支援策を講じ、あらゆる関係機関が一丸となって支援活動を続けています。本区においても地震発生後、直ちに区長を本部長とする「中央区災害対策本部」を設置し、被災地への支援に全庁をあげて取り組んでいるところであります。しかしながら、被害の深刻さが次々と明らかになっていく中で、未だ多くの避難者の方々が厳しい生活を強いられております。
 また、この度の大震災による原子力発電所の事故は、東北地方のみならず首都圏の電力供給に著しい影響を及ぼし、計画停電等による節電は今後も回避できない状況となっており、区としても率先して節電に取り組む必要があります。
 そこで、被災地の極めて厳しい状況はもとより、今後の電力事情を踏まえ、電力需要がピークとなる時期に開催する「東京湾大華火祭」の実施可否について検討した結果、
 (1) 電力消費が高くなる夏季は一層厳しい供給体制になると予測される中で、広範な区域で夜間照明をはじめ種々の電力を大量に消費することになること。
 (2) 夏季に計画停電等の節電が実施された場合は、70万人を超える観客の来場・帰宅に利用する交通機関が例年にも増して混雑するなど、安全管理に大きな混乱を招く恐れがあること。
 (3) 震災対応への長期化が見込まれ、会場および周辺警備に要する人員確保も例年より厳しい状況となることが想定されること。
 さらに、本華火祭は港湾関係・公共交通関係など多くの機関・事業所のご協力を頂いており、中止する場合にはこうした関係者が開催に向けた準備を始める時期の4月までに実施の可否を決める必要があること。
 以上の諸情勢を総合的に判断した結果、本年8月13日に予定した「第24回東京湾大華火祭」は中止することと決定したところであります。
 中止決定後、一部の方から実施の可否などについてのご意見も頂きましたが、区民の皆さまや関係者の皆さまには、何卒その趣旨をご理解賜りたくお願い申し上げます。
平成23年4月5日   中央区長発表文を中央区サイトhttp://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/komyunitei/hanabi24/index.html より転載

●2010/8/16 8pm 10分間ほど デックス東京ビーチで期間営業中の「居酒屋えぐざいる」の花火大会実行委員会が大きな告知なしに400発(最大5号玉) 目撃談  



■お台場花火情報 お台場ビーチから見える花火の種類 

(1) 有名だったのは8月の東京湾大華火祭(2015で終了)  お台場ビーチ・周辺に十数万人押しかけ、一晩中大混雑、交通機関もまひ状態に

(2) 7月・8月は、フジテレビが中規模花火大会(5分)をすることあり。夏イベント 「お台場合衆国」での企画。打ち上げは以前はフジテレビ裏側(ビーチの反対側)からが多かったが、近年はお台場海浜公園の沖から

(3)月に数回 
夜8時前後に天王洲アイル(お台場ビーチの対岸)から小さい花火(1分間)がみえることがある。クリスタルヨットクラブが桟橋から打ち上げているもの。今月の花火予定はここ。ホテル日航東京から見た方の感想

(4) 「お台場レインボー花火」 2007年夏実施したが中断。 10分間、1500発。打ち上げ場所はお台場海浜公園・鳥の島沖。周辺企業が映画のように花火実行委員会を結成して実施したもの。 

(5) たまに一晩中、ホテル日航(現ヒルトン東京お台場)がレーザー(シンプルな一本線の光)を上空に照らしていた。これは花火ではないです



ここ以下はアーカイブ、古い情報です

2015年で東京湾大華花祭が残念ながら終了したため、ご参考のみです。

 


ランキング  東京湾大華火祭 見るベストスポット

第1位 100点 花火が見える方角の高層マンションのベランダ 
知人が住んでいればラッキー、押しかけましょう。特にシーリア一番街(32F建て)は、目前の海上で花火が打ち上げられ、ゴージャス。ただしかなり上階になると、花火を上から見下ろすので迫力はそれほどない。
注意:お台場のマンションでも、方角が西向きでない部屋では、花火の音がバンバン聞こえるのみで、花火自体はまったく見えません。

第2位 90点 芝浦ふ頭会場(港区民専用) そよ風・海面に花火が映える!

第3位 80点 晴海会場 近くて大迫力!

第4位 70点 お台場ビーチ正面 レインボー越しに見え、ロマンチック。 (娯楽施設の「デックス東京ビーチ」「アクアシティ」ビルなど前の砂浜)

第5位 60点 お台場ビーチ側面 こちらも結構ワイワイ楽しい。ただし(駅から見て)(花火に向かって)ビーチ右側は花火はほとんど見えないので注意

番外1 周辺の海上クルーズ(お金がかかるが、近くてとてもよく見える・雰囲気がいい)  特別席 

番外2 ビーチ海側レストラン (お台場ビーチ正面のビル = アクアシティ、デックス東京ビーチ、ホテル) 料金は普段の5倍ぐらいに跳ね上がる(例:テラス席1万8000円)。予約は7/1ごろ開始で事前振込みのことが多い。これらのレストランは、花火がレインボーブリッジ越しに見え、ロマンチックだが、花火が近いわけではない。また、店内窓から3列目より奥からはよく見えない。ベストはテラス席で、最も高価

番外3 ビーチ沿いビルの屋上が開放されることがある(無料の場合、入場券は事前配布。アクアシティ、デックス東京ビーチなどのサイトになっていると配布場所情報が載ることがある。7月中旬が多い) 
デックスのシーサイドデックにイスを350個ならべ、弁当付きで4000円で予約販売(2010年)



東京湾大華火祭 お台場で見る人が知っておくべきFAQ
花火動画(小さいです)


Q:東京湾大華火祭とは?

東京最大の花火大会の1つ。「東京湾大華火祭」と命名された。中央区が主催、朝日新聞社などが後援。
東京最大は江戸時代にルーツがある隅田川花火大会。これに続く大花火大会は、東京湾大華火祭や江戸川区花火大会。

Q: 花火はいつ?
例年は8月第2土曜か日曜。日時は毎年、6月までに確定し、主催者の中央区・東京湾大華火祭実行委員会が発表します。
土曜開催で荒天により日曜日に延期された場合、人出は半分ぐらいに減ります。日曜日開催の場合、荒天になると中止となり、延期はありません。
7pm 〜 8時半ぐらい

Q: お台場ビーチからよく見えるの?
まあまあ見えます。
お台場は打ち上げ場所ではありません。打ち上げは、レインボーブリッジ反対側の晴海の海上2ヶ所です。お台場から見えるのは大型花火のみです。ナイアガラなど、下の部分は、レインボーブリッジに妨げられて見えづらいです。
それでも、ビーチという雰囲気がプラスされるため、みなさん十分楽しんでいます。花火開始とともに、大コンサート会場にいるような「キャー」という歓声がビーチ中にこだまして一体感があるのが特徴です。
ビーチ中央がベスト(レインボーブリッジと平行に真正面)。中規模花火も見えます。



Q: どのくらい混むの?

大混雑。この日は朝から十万人くらいどっと押し寄せます。4時くらいから特に混みはじめます。ビーチ中央に座りたい人は遅くとも5時までには到着しましょう。ビーチの散策を兼ねて、早く行きましょう。

遅く来た人ほど、ビーチ奥(レインボーブリッジ側)まで歩いて行くことになる。しかし花火には近いが、近くても音だけであまり見えない。木々のため見えず、花火直近は立ち入り禁止であるため

でも広いので直前に来ても奥まで歩けば座ることだけはできるでしょう。ビーチの右(花火へ向かって右側)の道路は夕方から歩行者天国になり、ここにも座れるようになります。ただし花火は高速高架にじゃまされて、大型花火の上部の一部しか見えないので注意。雰囲気がいいので、それでも歓声があがります。
場所取りは、ゆりかもめ始発から始まります。ビーチのレインボー正面のコンクリート・木の部分にレジャーシートをガムテープで貼ります(コンビニ・スーパーで販売)。広いので午後4時くらいまではあちこちまだいい場所が開いています。
場所・見え方を気にしないのなら、場所取りをする必要はまったくありません。奥ならどこかに座れます。

・テントや折りたたみイスは、後ろにいる人から花火が見えないので、ビーチでは使用しないように東京湾大華火実行委員会のアナウンスが流れる

・立ち入り禁止区間  5pm〜9:30pm  ビーチ右の一番奥・第三台場公園(レインボーブリッジ手前)

Q: 特別席はないの?

ビル屋上の開放(無料・有料)、そしてレストランの窓側席(有料)があります。
以上を利用しなくても、ビーチ正面に席をキープすれば、まあまあ同じくらい見えます。距離的には、ビーチ正面に座った方が花火に50mほど近いです。ただしビルの方が位置がずっと高いため、小さい花火でも見えやすくなります。
いずれにせよ、お台場は花火会場からは離れているので、すごくよく見えるわけではありません。

無料:

アクアシティデックス東京ビーチが屋上を開放することがあります。当日朝に先着1000名ぐらいに入場券を配布、あるいは事前に商店街が抽選をします。有料の花火弁当などを購入予約した人を優先で屋上に入れる場合もあります。

レインボーブリッジは花火の際は閉鎖されます。昔は事前申し込みで入れました。
第3台場公園も閉鎖され、周辺も立ち入り禁止になります。

晴海会場などについては別項。 見るスポットベストランキング

有料(高価):
デックス東京ビーチアクアシティの海側各レストラン・ホテル日航東京ホテルグランパシフィックメリディアンなどが予約を受け付けます。当日でも時間が早ければ購入できるでしょう。通常料金の3-4倍で、クリスマス並みの料金・混雑になります。

さらに遠いが、テレコムセンター20F展望室などもあります。
 
間近で見るなら、船会社が花見クルーズをやります(特別料金)。水上バス クリスタルヨットクラブ シンフォニー ヴァンテアン 
水上バスの通常路線は、昔は当日もそのまま運行していて、花火会場の近くを通る場合は大迫力でした。現在では午後4時ごろから運行停止します。

Q: どの場所なら見えるか確認する方法は?

6時ちょうどに合図の花火が数十本上がります。この合図花火が見えればオーケー
2時ごろからも各時0分に合図花火が上がります。

レインボーブリッジ入口側、つまりゆりかもめ駅から見てビーチ右側の1/3ぐらいでは、木々のために花火が見えません。花火開始後、ここから移動する人が続出します。

Q: 花火開始。ここからは見えない! どうしたらいい?

近くに木々や建物など障害物がある地点や、目の前の通路が花火開始と同時に立見席になってしまった場合などは、花火が見えません。
いくつか対策が考えられます。
(1)即座に移動。ビーチ上の混んでいるように横からは見える部分でも、近づくと中途半端に空いているスペースが結構見えるので、そこに割り込ませてもらう。
(2)ビーチの海面に接する無人ベルト地帯に移動。ここには席を取らないように標識を置くことがあるが、花火開始後はその部分に座っても係員は何も言わなくなるらしいので、ここに座れる。
(3)道路(歩行者天国)に移動。ビーチ右の自動車道路は、場所によっては大型花火の上部が見えるすき間があります。みなさんビーチに座りたがるので、ここは比較的すいています。
(4)ハイエナ作戦。花火が見えなくても、音だけ楽しみながらしばしガマン。花火開始40分ぐらいで、帰り電車の超混雑を避けようとする人たちがどんどん帰り始めます。この人たちがいた特等席にすわり、残りのクライマックスなどを楽しみましょう。まだまだ時間は十分にあります。

Q: 穴場はないのか?

特にありません。
近年、花火の日には第3台場公園(砲台跡)は入場禁止になっています(一部の雑誌に、入場できるとあるのは古い情報)。警備の人たちが立つので入れません。あそこはがけがあるので、海に転落すると大変です。
混雑するビーチを避け、有明側の橋の上から見る人たちがいましたが、2008年ごろから歩行者も立ち入り規制になりました。。
実は最高の穴場は、花火が見える方角の高層マンションに住んでいる台場住民とお友達になって、ベランダから見ることです。特に一番近い「シーリア一番街」には、そういった「お友達」たちがこの日はたくさんやってきます。ただし、花火方向(西向き)のマンションのみです。
知り合いがいない場合、あきらめてビーチから見ましょう。高層マンションはキーを持っていないと1階のゲートから中へは入れません。もし入り込めても、このマンションには上層階に行かないとまったく窓がありません(その方角は駐車場)。上層階でも廊下は小窓が1個あるだけなので、ビーチからのほうがはるかによく見えます。廊下に冷房はなく蒸し風呂です。
見るスポットベストランキング

Q: レインボーブリッジから見れるのか?

花火中は閉鎖されます。ガイドブックに、昔の情報を元に「レインボー歩道で見るのが穴場」と書いてあるものがあるので注意。以前は、入場制限で入れた年がありました。
レインボーブリッジは、(上下二層道路の)高速道路も、下の湾岸アンダーも16:00〜21:30まで閉鎖されます。


Q: 必需品は?

●レジャーシート(これだけが必要。雨が降らなければ、ビーチならこれも不要かも)
ガムテープ(場所取りをする人だけ)。ただし、場所取りができる場所(ガムテープでレジャーシートを固定できる、床がコンクリートや木の場所)は、座るとおしりがいたくなります。場所取りをせずに砂浜に座れば、おしりはやわらか。
帰りのキップは先に買っておく(とてもとても混雑、入場制限の長い長い列ができる)(Suica/Pasmoならキップ事前購入不要だが、チャージ額が十分あるかどうか確認を)
日よけの傘、帽子、飲み物。日差しがきつくてのどが渇きます。暑いので、場所をキープしたら直前までビーチそばのデックス東京ビーチアクアシティで涼んでいたほうがいいでしょう。

Q: 食料・飲み物の調達はどこがベスト?
(1)ベスト
お台場海浜公園駅を海側出口の1階下スーパーマルエツがあります。スーパー内と、その入り口前通路に店が並び何でも調達できるのでベストです。値段も普通です。店内ではお徳用の大きいペットボトルもありますから、グループはぜひここで買いましょう。
東京テレポート駅から歩いてきた人は、歩道橋の終点がマルエツの真上です。たまにサンドイッチマンがいて「花火近道 スーパーマルエツ この下」と書いてあります。
いつもは閑散としたスーパーなのに入場制限で列ができて、住民はびっくり。スーパーの外側通路には売店がたくさん置かれます。やきそば、広島焼き、フランクフルト、餃子、フルーツなどなど。レースクイーンのようなBud girlみたいな服の売り子も出現し、住民はまたびっくり。食料・飲み物はここで調達しましょう。ビーチはすぐそこです。
ここを過ぎると、売店は少ないです。

(2)コンビニ等
ビーチ直前の道路に、コンビニがいくつかあります。ファミリーマート(駅から見てビーチの一番右あたり、道路を渡ってしまう前の角。上のビーチ写真の左角の道路を渡った交差点)など。ここも路上で臨時販売をしています。本来は禁止されていますが、露天屋台も出ます(ファミリーマート手前)。

(3)一番安い場所は
ローソン100円ストアが2014年に閉店してしまった(2015/12に「ローソン」開店)ので、マルエツの店内が一番安いでしょう。
少し歩きますが、イオンの「まいばすけっと」がレインボーブリッジ歩道入口近くにあります。

(4)ビーチ内
ビーチにいったん入ると、もう大きな売店はありません。
ビーチ中央(クラブハウス)に売店があります(アウトドアカフェに見えるところ)。そのレインボー側に臨時売店。
ビーチ奥には臨時売店は皆無
です。たまにアイスキャンディー売りがベルを鳴らして歩いています。ピザ屋さんが小さいビザを千円で売りにたつと、飛ぶように売れます。

(5)食料・飲み物を調達しないままビーチ奥に流れてしまった人は…
ビーチ右(展望台)から道路を渡ると、「まいばすけっと」(旧セブンイレブン)があります。

(6)露天商がファミリーマートの手前に出ます。やきそばなど。→2010年頃規制強化で減少


Q:ビーチにトイレはあるの?

常設トイレは、ビーチ入口(湾の角になっている部分)、ビーチ中央(クラブハウスの裏)、ビーチ右(展望台)に常設トイレがあります。長蛇の列なので、デックス、アクアシティにたくさんあるトイレまで行った方が賢明でしょう。

Q: ビーチの状況は?

砂浜なので、イスやクッションはなくても平気。イス・テーブルを持ってきても、放送で「迷惑なので使わないで」と言われます。後ろの人に花火が見えなくなり申し訳なく、使いづらいです。
なお、個人で花火をあげることは一年中禁止されています。

Q: 待ち合わせはどこで?

駅構内での待ち合わせは危険。通行規制・入場制限しているし、混雑してて会えません。
駅から離れていて、花火が見えそうにない位置にあるお店とかが無難でしょう。

Q: 帰りの混雑は?

近辺はどこでも、ありえない大混雑。帰りはゆりかもめは11時くらいまで入場制限が続きます。ビーチやデックスなどでのんびり遊んでから帰るか、ゆりかもめの台場駅より前の駅まで歩くか。警察に誘導されるように、りんかい線東京テレポート駅まで歩くのがベストでしょう。5分ぐらいで近いです。
水上バスは大増発になります。
雨天順延での翌日実施の場合は、人出が半分くらいになるので、混雑はそれほどではありません。

Q: 花火後の時間のつぶし方は?

「花火の前と後は交通機関が大混雑!涼しい映画館でピークを避けるのがお台場流です」(シネマメディアージュのちらし文句)
花火直後はスーパーマルエツやコンビニが余った食品を半額セールしますので、行ってみては。

ビーチでの遊泳は普段から禁止されています。水質は不潔ですし、元来は磯浜なので岩でけがをします。
ビーチで酔って泳ぐのは最も危険ですので、絶対にやめましょう! 私の知り合いが命を落としました。



花火の晴海会場FAQ

Q:花火自体を大きく見たい人は? 
目の前でどーんと大きな花火を見たい方は、主会場の抽選を申し込んだ方がいいでしょう。無料です。
花火がやや小さめでも、ビーチでロマンチックに見るならばお台場が適しています。
迫力→晴海・芝浦
ロマンチック→お台場

Q: 晴海主会場などはどうやって申し込むの?
主会場抽選申し込みは中央区(主催者)ホームページからオンライン申し込みができます。 例年7/1〜7/18ごろ申し込みができます。当選すると入場整理券(2人用)が送られてきます。

 

個人協賛(1人5000円)すれば、イス付き特別会場に入れます。中央区(主催者)ホームページに要項が出ます。先着順で、2階席は1日で一杯になります。

 

Q: 晴海主会場に外れたら、入れないの?
晴海主会場(晴海運動場周辺)は、当選した券を持った人しか入れません。五万人。
券を持っていない人は、晴海第二・第三会場や、晴海の路上から見ます。第二会場は5時すぎぐらいに満員になるでしょう。第三などでも、打ち上げ会場に近いので、かなり迫力で見えます。

Q: 晴海の会場は、どんなところ?
下はコンクリート。大きい青シートが張ってあります。
(1)コンクリートのため、とても暑いので、主会場(入場券を持っている)であれば、あまり早く行っても拷問でしょう。周りは防風林のような木立があり、涼しい風はない場所です。
(2)コンクリートのため、お尻が痛くなります。必ずクッションを持っていきましょう。イスを持参しても、後ろの人が見えづらくなるので、使いにくいです。コンクリートに体育座りで80分ガマンはつらいので、横になれるスペースと複数クッションが望ましい。
(3)夏なので天気予報が晴れでも、夕立が来ます。傘がないと悲惨。
2005/8/13は、天気予報は「くもり」だったのに、花火前後は雨、濡れるがままボーゼンと立ち尽くす人たちが多数いました。青シートを持参した人たちは、傘の代わりにかぶっていました。
ただ、夏なので濡れても寒くはありません。

Q: 晴海の会場内には売店はあるのか?
晴海会場内にも売店があります。歩いていく途中でも露天販売しています。
トイレは臨時トイレが置いてありますが、行列が長いです。

Q: 晴海会場の帰りの混雑は?
2時間以上、非常に混雑。会場からは、どの駅まででも、もともと「歩20分」です。ところが花火の後は異常な混雑のため歩いても1時間かかり、駅は入場制限。
会場から近隣駅(東京駅などが設定される)行きの臨時バスに乗り、この歩行渋滞だけでもパスすることをぜひおすすめします。バスに乗るのも行列で時間がかかりますが、バスはたくさん来ます。
花火の「フィナーレ」はあっけなく終わる短いものなので、早めに会場出口に移動しておくとよいでしょう。

Q: (番外)カメラで花火がよく写らない

デジカメをよく調べると「花火モード」があるので、それで撮影するときれいに撮れるはず。


港区民専用の会場 

港区民であれば、芝浦ふ頭会場がおすすめ。抽選申し込みは港区Kissポート財団のホームページに応募要項が出ます。(往復はがきで応募、締切は例年7月中旬)。倍率は3倍くらいです。要項は港区ホームページでも読めます(「広報みなと」の7月号)。

打ち上げ会場まで見渡せる、素晴らしい芝浦会場

芝浦ふ頭会場は、目の前にさえぎるものがなく、景色がすばらしいです。晴海会場のほうが花火にずっと近いですが、手前に植栽があって花火の下のほうは見えません。
芝浦では、客船に乗っている気分。背後は倉庫街なので、夕日が当たらず、風に吹かれて気持ちよく花火を待てます。早めに行って雰囲気を楽しんでください。花火の前を客船がときどき横切り、これも雰囲気を盛り上げます。

港区民ならば、幼児でも抽選に申し込めます。友人に港区民がいれば、応募してもらうとよいでしょう。当選一人につき、大人二人ぶんの入場券が送られてきます。三歳未満は券不要。

必需品:地面はコンクリートなので、レジャーシート、固定用にガムテープ、クッションが必要。体育座りで80分ガマンはつらいので、横になれるスペースと複数クッションが望ましい。
売店はあります。やきそば、カキ氷、ビールなど。
トイレは臨時トイレがありますが、非常に混雑するので、早めにどうぞ。倉庫ビルのトイレは行列ができていますが、男性は先に行けます。並んでいると分かりませんが、トイレは男女兼用で同じ一室にあり、男性用立ち器はすいているからです。
周辺には数日前から「立ち入り禁止になります」と書いてあります。当日は、整理券を持っている人はもちろん、実は整理券を持っていない人も入れます(でもずっと離れた、一番奥のスペースに誘導される)
帰りは田町駅まで歩くように誘導されます(歩20分)。ゆりかもめは、出口近くの入り口は20:00〜21:30は閉鎖、道路を渡った地点の入口は空いています。以上は過去のケースで、今回もそうなるとは限りません。

 


港区民のみが申し込めるのが芝浦会場


花火リンク(順延・中止情報も)

中央区(主催者) 順延・中止はここで発表されます 
中央区モバイル版ホームページ
事務局電話 03-3248-1561(テープ案内) 
文化放送(1134KHz) 午前11前後 
中央エフエム(84.0MHz)午前10時から毎正時前にスポット

中央区気象情報 東京アメッシュ(降雨量) 

港区 

東京湾大華火祭攻略大作戦 はなびネット 

花火の「〜号玉」の大きさ図解と値段 

公益社団法人 日本煙火協会  打ち上げ花火の値段を定めている。花火の歴史、おもちゃ花火の安全な使用法・事故事例なども


では楽しい夏の1日をお過ごしください!