2017/7/10東京・飯田橋 CNN English Express読者ワークショップ
用スクリーン資料をご参考までに載せています。
スクリーン用に活字が特大になっています

 

4技能を一気に爆上げ!

NHK英語講師・伊藤サムの

「精聴・反訳トレーニング」体験会


■伊藤サム

ジャパンタイムズ新人記者特訓       「赤マーカー」

NHK「ニュースで英会話」           「虫食い」

NHK「高校生からはじめる『現代英語』」  「反訳」

 

 

■本日の内容

(1) 「精聴・反訳トレーニング」のやりかた

(2) 実際にトレーニングを体験

(3) どのようにジャパンタイムズの記者を鍛えるのか

 

 

 

 

 

 

□19時:講演会開始(8月号特集とEE式ワークブックを使った「精聴・反訳トレーニング」)
□20時20分頃:講演会終了
□20時20分頃〜20時35分:質疑応答


 

 

 

 

(1) 「精聴・反訳トレーニング」のやりかた

 

■ご持参のEE 8月号を開いてください  EE8月号ワークブック

 

 

●「精聴」で集中力・推測力を高め、

聞き取れなかった原因をつぶしていく 

 

●「反訳」で単語・表現をきっちり覚え、

文章を組み立てる力を育てる

 

 

 

(2) 実際にトレーニングを体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【区切り英文/英和対訳】

Well, Canada, Mexico and the U.S. have launched a three-way bid 

さて、カナダとメキシコと米国は3カ国で招致を始めた

 

to host the 2026 men's football World Cup. 

サッカーの2026年の男子ワールドカップを開催するために。

 

Sixty of the matches would be held in the U.S., 

全試合のうち60は米国で行われ、

 

with 10 each in Canada and Mexico. 

カナダとメキシコで10試合ずつ行われることになる。

 

The only time multiple countries have hosted the World Cup 

複数の国でワールドカップを開催した唯一のときは

 

was in 2002, 

2002年だった

 

by South Korea and Japan. 

韓国と日本によって。

 

FIFA will name the host for the 2026 tournament 

FIFA2026年大会の開催国を発表する

 

in May of 2020. 

2020年の5月に。

 

 

 

 

●ステップ3  「穴埋め問題」なら取り組みやすい

 英文を覚えきれない場合は、語句を少しずつ塗りつぶして穴埋め問題にすると難易度が下がります。例えば以下のような穴埋めになります。

(  ), Canada, Mexico and the (  ) have launched a (  ) bid さて、カナダとメキシコと米国は3カ国で招致を始めた

 

to host the 2026 men's (  ) World Cup. サッカーの2026年の男子ワールドカップを開催するために。

 

Sixty of the matches (  ) in the U.S., 全試合のうち60は米国で行われ、

 

(  ) 10 each in Canada and Mexico. カナダとメキシコで10試合ずつ行われることになる。

 

The only time (  ) countries (  ) the World Cup 複数の国でワールドカップを開催した唯一のときは

 

(  ) 2002, 2002年だった

 

by (  ) and Japan. 韓国と日本によって。

 

FIFA will (  ) the host (  ) the 2026 (  )  FIFA2026年大会の開催国を発表する

 

in May (  ) 2020. 2020年の5月に。

 

 

 

 

 

ステップ3b   Replace the Japanese!

 なお、このステップは、次のようなやり方でも結構です。

(さて), Canada, Mexico and the (米国) have launched a (3カ国での) bid to host the 2026 men's (サッカー) World Cup. 

Sixty of the matches (行われることになる) in the U.S., (行われることになる) 10 each in Canada and Mexico. 

The only time (複数の) countries (開催した) the World Cup (だった) 2002, by (韓国) and Japan. 

FIFA (発表する) the host () the 2026 (大会) in May () 2020.

 

 

 

 

 

 

 

 

●もう少し虫食い

(さて), Canada, Mexico and the (米国) have (始めた) a (3カ国での) bid to (開催する) the 2026 men's (サッカー) World Cup. 

Sixty of the (試合) (行われることになる) in the U.S., (行われることになる) 10 (ずつ) in Canada and Mexico. 

The (唯一) time (複数の) countries (開催した) the World Cup (だった) 2002, by (韓国) and Japan. 

FIFA (発表する) (開催国) () the 2026 (大会) in May () 2020.

 

 

 

 

 

 

 

●対訳を見て、反訳

 

さて、カナダとメキシコと米国は3カ国で招致を始めた

 

サッカーの2026年の男子ワールドカップを開催するために。

 

全試合のうち60は米国で行われ、

 

カナダとメキシコで10試合ずつ行われることになる。

 

複数の国でワールドカップを開催した唯一のときは

  2002年だった

韓国と日本によって。

 

FIFA2026年大会の開催国を発表する

2020年の5月に。


 

 

 

 

 

 

●テレビニュースは映像を見るのが前提  

CNNニュース・アーカイブ  
    雑誌「CNN English Express」で取り上げるニュースの映像を毎月更新。スマホでも見れる

 

 

 



 

 

 

(3) どのようにジャパンタイムズの記者を鍛えるのか

 

 

■英字新聞社での特訓例 ブランク埋め「赤マーカー」 

すぐれた記事から、表現をどんどん盗んでいく

 

なお、ただ暗記すれば使えるわけではなく、基本文法や「やさしくたくさん」など、英語の基礎力が前提です。感覚がつかめてきた単語は英英辞典で定義をはっきり確認しましょう。

そして英字新聞や雑誌、CNNなどに接し続けると、大切な単語であれば何度も何度も出てきます。この自然な繰り返しによって脳に焼きつきます


 

■英字新聞社での多読特訓例 

本換算で積み上げて「身長の二倍」  200冊ぐらい相当

ただし英検1級でも、200語読本(中一レベル)から大量に読む(graded readers) 

 

 


 

 

 

■英語上達の関門  臨界期  →「たくさん」

 臨界期仮説 critical period hypothesis  1967 

6歳までに脳のビッグバン、10歳あたりを過ぎると言語中枢は発達が止まる(新たな刺激を与えない限り) 

→各国は外国語教育を早期化 

frequency (repetition)も必要 

英語と日本語とは親類でないので、日本人は欧州人よりもはるかに、「英語に慣れる」プロセスを経る必要 

 

 

■「やさしくたくさん」の基本原理 

 

 

 

 

■ i + 1

i = 自分の英語思考可能レベル と捉えるとよいでしょう。多くの人にとっては中学英語レベルです。

i+1のコツ:
やさしくても大量の英語に接し、オーバーヒートで脳がカッカするぐらいやりましょう。


 

●くわしくは   『伊藤サム 英語の世界』