ジャーナリストと英語

伊藤サム    講義用画面


(C)NHK  ワンセグ2009       NHK「ニュースで英会話」サイトはこちら

■テーマ(1)英文ジャーナリストの世界を紹介

 

■テーマ(2)グローバルに活躍できる英語力とはどんなものか? 

 

■テーマ(3)英字新聞社が新人記者を叩き上げる研修

 

■テーマ(4)見出しを速く正しく理解するコツ

今日のポイント:半記者、やさしくたくさん、身長の二倍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■テーマ(1)英文ジャーナリストの世界を紹介

 

外遊同行取材なども 

●英字新聞記者としての1日 NHK「英語でしゃべらナイト」放送例

●日本の英字新聞

(1) The Japan Times/International New York Times 

    reporter

(2) The Japan News(英文読売)

    translator

(3) 朝日、毎日はウェブ特化   通信社の英語配信記者もあり

英字新聞の歴史(ビッグバン) 

●書いた記事例 

●英文ジャーナリストになる道は?

(1) 正門から入る

(2) 半記者 

・具体的手順 

→「英文記者になりたい」(英文記者になるステップ)

 

 

 


■テーマ(2) グローバルに活躍できる英語力とはどんなものか? 

 

世界の英語話者の4人に3人が非ネイティブに

    3億人 対 「17億人」とも

 

世界で最も新しく、最も広く使われている言語  

Globish 

 

●「国際共通語としての英語」  English as a lingua franca

    核(core)を特定へ  

    文化的負荷を軽く ←→グローバリゼーション(世界がアメリカ化)

    グローバル化した世界で必要なのは、読むこと、書くことも skimming/scanning

 

●グローバルに活躍できる英語力とはどんなもの?

    単語数などの問題ではない 

    すでに知っている単語だけで通じる

*日本人はまず:

    オペラ気分で話す。二倍ぐらいの大きな声で、腹から。語尾も 

    一度で通じなければ、言い換えればよい。確認としても必要

    通じないのは相手の責任でもある。会話は双方向で努力

            聴き取れなければ、聞き返す、ゆっくりを要望
        聴き取れたところまでを伝えて、残りは言い換えてもらう

     ジェスチャーでも「話す」  笑顔  non-verbal communication

    英語での話し方(= SVO構文)に慣れる

 

(1)  「きれいな英語」よりも「分かりやすい英語」  intelligibility 

 (Globishでも「国際共通語としての英語」でも強調されている)

(2) public speaking

その昔は単なる「英会話」 →public speaking (speech) →debate →(パワポ)プレゼン →今やTED型が要求されている (Steve Jobsや「白熱」型)

  文字のみでなく、図解・動画・webなどIT活用しながら発信 将来は対話/インタラクティブ?

(3) 英語専攻学生は専門家になるわけだから、一般向け学習法(訳読)は合わない

 

 

 

 


■テーマ(3) 英字新聞社が新人記者を叩き上げる研修

 

バブル時代に大量採用、特訓が必要に

 

(定説がまだないので、以下は私見)

●大人の課題  臨界期  

●日本人の課題  言葉が出てこない

単語というより、構文SVOが日本語は「最も遠い」ため

(英語力 = 発音 + 単語 + 文法)

=インプットが足りない。インプットをしてからアウトプット練習をするとベスト

 

●→やさしくたくさん

やさしい英語を大量に聴いたり読んだり(体験)したことがありますか?

一生の英語力を決定     (Krashen, 1981  comprehensible input)

なにごとも基本 

    基礎が固まっていないと(インプット+文法)、上級に行ってから伸び悩む

上級教材だけで英語脳を作ろうとしても無理 英語教材は、大は小を兼ねない

難しいものもどんどん やがては「難しくたくさん」へ 

やさたく図解  化石脳テスト 

 

●臨界期の克服

(子どもはイマージョンが決定打)

大人はイマージョンのみでは伸びない

i+1で「頭がカッカ」/英語「ランナーズハイ」を維持

     →限界を超えて伸ばす

・大人には教科書が必要  特に文法  (発音・単語)

 

●プロになる特訓 新人記者を叩き上げる研修

1:プロになるには、身長の2倍読む  

=200冊相当、3000万語  記者日記  2倍画像

2:ブランク埋め
    (英字新聞で)よく使われる表現をブランクに塗りつぶし暗記 英日ではない

3:記事の流れ分析 (文章法)
    
4:書き方 KISS   反訳

 


NHK「ニュースで英会話」サイト 

 


●■プロになる英語学習チェックリスト 

□英語学習に強い目的がある(動機)
□英語が大好きだ(自律)
□中学教科書は何度も(聞き)音読した(基本構文、リズム)
発音は、口の図解を見て練習した
□英文は、日本語に訳さずに読んでいる(英語思考)
□英単語学習は、訳語暗記より多読に時間を割く
□英語をどんどん、読んだり話したり…している
□冠詞(a, the)を正しく使える(英語の根幹)
□前置詞のイメージをはっきり理解している on/atなど
□文法問題集をみっちりやったことがある

 

 

 


■テーマ(4)見出しを速く正しく理解するコツ

 

ネイティブと同じやり方で解釈すると、細部まで分かる!


 

 

 

 


●このページの探し方

 

『伊藤サム 英語の世界』→「ジャーナリストと英語」