順路
やさしくたくさん
やさたくリスト
英語無料学習
かけっぱなし
本 やさしくたくさん
中学英語
文法書
語法辞典
CD英語児童書
音読
英語日記
中学生へ
難しく沢山
英語ドラマ
英語番組セリフ
英語字幕放送
リスニング
英語歌
英語ジョーク
本 英語書き方
本 英語読み方
英字新聞教本
ニュース英語入門書
alpha(ST)紹介
alpha(ST)購読
ST英文記者
ジャパンタイムズ
JT週刊Sunday
サム記事
スランプ
英語楽しい
英語順路
英語俳句
英語で書く・文法
精読
冠詞
前置詞
語法
英語の数え方
英文賞状
辞書
辞典
world enough
単語
英語で言えますか
発音
質問サイト
就職
英検・TOEIC
CEFRとは
英語教材・サイト
書店フェア
留学・海外
英語育児
イマージョン
第二言語習得
英語の歴史
シェイクスピア
機械翻訳
英語を教える
英語プロ特訓本
英語でプロに
通訳・翻訳
国際公務員
英文記者なりたい
英文記者特訓
身長2倍日記
高原記者日誌
金魚
英文推薦状
小冊子
講演
やさたく図解
英語漬け
NHKニュース
NHK現代英語
TV
格言
ピアニスト
息抜き
大統領
世界
年表
ワンポイント
クリスマス英語
クリスマス絵本
サンタ社説
クリスマス歌
カリグラフィー
ローマ字
スカパー
ジャパンタイムズ史
エープリルフール
JT創刊号
英字新聞史
時事英単語集
ニュース英語
英字新聞読み方
英字新聞講演
見出しの読み方
英字新聞授業
紙面デザイン
Globish講演
ジャーナリスト/英
やさたく/ニュース
CNN反訳
加奈
英国雑誌
JTジュニア
ベン
Japan Info
旧掲示板
プロフィール
改定履歴
メール

 

Shakespeare シェイクスピア

英語に最も影響を与えた16世紀の巨人 William Shakespeareについて

●目次

シェイクスピアとはどんな存在?

ロミオとジュリエット」 あの名場面を拾い読み

シェイクスピアが量産した英単語・名文句

そのほかの作品

出典・リンク

関連ページ:英語の歴史


■Q: 英語にとって、 シェイクスピアとは どんな存在でしょうか? 

A:大量の英単語・名文句を作り、英語に最も影響を与えた個人

シェイクスピアは、英語世界で過去最高の書き手といわれるだけでなく、たった一人の人間が、英語にこれほど大きな影響を与えた例はほかにありません。”Love is blind.”など、無数の英語表現を作り(あるいは後世へ伝え)、それを現代でも私たちは使っています。

●1564-1616 シェイクスピア  英単語・名文句を量産 した巨人 

 

シェイクスピアはなんと"(early) modern English"の部類になる。発音も母音転移後なので、今日の英語に近い

現代英語の基礎は、シェイクスピアの時代に築かれた

1700語以上の単語と無数のフレーズ    

関連ページ 英語の歴史



ロミオとジュリエット」 あの名場面を拾い読み 名文句集

 

 

■映画の名場面 YouTube   

Romeo and Juliet 1968 prologue   荘重なプロローグの詩

Romeo and Juliet 1968 Time For Us 切なくて面白い出会いの詩

Romeo and Juliet 1968 balcony scene 「あなたはなぜロミオなの?」

Romeo and Juliet 1968 death scene  辞世の言葉 ジュリエットに強い意志

 


■本

★↓1623年本(First Folio)       
        <<  と >>   をクリックで隠して、マウスホイールで拡大すると左下から21行目に、ロミオがジュリエットと初めて話した  Rom. If I prophane with my ..."の部分がある

↑大英博物館サイト "Mr. VVilliam Shakespeares comedies, histories, & tragedies : Published according to the true originall copies" (= First Folio)画像のp.684より  マウスのホイールで拡大可

 

●甘い悲しみ "sweet sorrow"

 

 有名なoxymoron(矛盾語法)の一つ:

"Good night, good night! 

Parting is such sweet sorrow

that I shall say good night till it be morrow."

 これはシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』でジュリエットが、切ないが甘くもある、おやすみの挨拶をする言葉(表現は昔の英語)。直訳すると
「おやすみなさい、おやすみなさい! 別れってなんて甘い悲しみなの、朝になるまでの挨拶をするのって」
 別れと再会があるからこそ、恋はかえって燃えるのでしょうか。 


Juliet by Philip Hermogenes Calderon (1888)

 


Romeo and Juliet (1884) by Frank Dicksee, public domain

 

●ロマンチックなバルコニーのシーン(伊藤サム訳2009/7/22)

----------------------------------
JULIET: O Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo?
Deny thy father and refuse thy name;
Or, if thou wilt not, be but sworn my love,
And I'll no longer be a Capulet.
(あぁロミオ、ロミオ! どうして貴方は <わが一族の敵ファミリーの>ロミオなの?
貴方の父を否定し、名前を拒否してくださいな。
お嫌ならば、私への愛を誓ってくだされば、
私はもうキャピュレットではありませんわ)

近くに隠れていたロミオは、迷います。
ROMEO: Shall I hear more, or shall I speak at this?
(もっと聞こうか、それとも返事をしようか?)

JULIET: 'Tis but thy name that is my enemy;
Thou art thyself, though not a Montague.
What's Montague? it is nor hand, nor foot,
Nor arm, nor face, nor any other part
Belonging to a man. O, be some other name!
What's in a name? that which we call a rose
By any other name would smell as sweet.

(私の敵なのは、貴方の名前だけ。
貴方は貴方、モンタギューではなくても。
モンタギューって何? 手ではないし、足でもないし、
腕でも、顔でも、その他の体の部分でもない。
あぁ、他の名前になって!
名前には、何があるというの? 私たちがバラと呼ぶものは、
他のどんな名前で呼んでも、同じように甘く香るわ)
----------------------------------

特に有名な部分が、

That which we call a rose by any other name would smell as sweet.

(私たちがバラと呼ぶものは、他のどんな名前で呼んでも、同じように甘く香るわ)
です。


First Folio (1623)


First Folio (1623)


■ロミオとジュリエット 名シーン

Royal Shakespeare Company  Famous Quotesなどより

A pair of star-crossed lovers take their life.
(Chorus, Prologue)

Love is a smoke and is made with the fume of sighs.
(Act 1, Scene 1)

My bounty is as boundless as the sea,
My love as deep: the more I give to thee,
The more I have, for both are infinite. 
(Romeo and Juliet, Act 2 Scene 1)

 

But, soft, what light through yonder window breaks?
It is the east, and Juliet is the sun.
(Romeo, Act 2 Scene 1)

O Romeo, Romeo, wherefore art thou Romeo?
(Juliet, Act 2 Scene 1)

That which we call a rose 
By any other word would smell as sweet.
(Juliet, Act 2 Scene 1)

Parting is such sweet sorrow.
(Juliet, Act 2 Scene 1)



Romeo, Romeo, Romeo! Here's drink: I drink to thee.
(Juliet, Act 4 Scene 3)

O true apothecary, 
Thy drugs are quick. Thus with a kiss I die. 
(Romeo, Act 5 Scene 3)

O happy dagger, 
This is thy sheath: there rust, and let me die.
(Juliet, Act 5 Scene 3)

All are punished.
(Prince, Act 5 Scene 3)

For never was a story of more woe 
Than this of Juliet and her Romeo.
(Prince, Act 5 Scene 3)

 

"romeo and juliet" quotesで検索

 


■ロミオとジュリエット 注釈サイト

●言葉

Royal Shakespeare Company  KEY MOMENTS AND FACTS

 "90% of the play is in verse, with only 10% in prose. It contains some of Shakespeare's most beautiful poetry, including the sonnet Romeo and Juliet share when they first meet." 
  "Juliet is only 13 at the time she meets and marries Romeo, but we never learn his exact age."  
  "Romeo and Juliet, alongside Hamlet, is probably Shakespeare's most performed play and has also been adapted in many forms."
  "Like King Lear, the play was adapted by Nahum Tate, changing the story to give it a happy ending."

●translationいろいろ

★★Shakescleare     line-by-line modern English translation 四行ごとに色分け

★Shakespeare Online クリックで語釈      Romeo and Juliet 注釈がくわしい

★Romeo and Juliet Prologue Analysis, Line by Line  Prologueについては、もっともくわしい

★SparkNotes   ROMEO AND JULIET TRANSLATION     やや意訳 summary, analysis

shmoop 解説交じりの訳

No Sweat Shakespeare    かなり盛った現代語訳だがテーマには忠実 一部の場面が欠落 対訳としては並んでいない

●注釈本 

Google Books   the gentle sin is this     though grant for prayers' sake    ★O I am Fortune's fool

●注釈サイト

★★Oxford Scholarly Editions Online  有料  701年以降の文献、文学を集大成、異本も見れる  OEDのstar-crossedなど例文の本マークからも入れる

●Vocabulary

MyShakespeare   英英の傍注が少しずつ付いている

Shakespeare translator 

VOCABULARY: ROMEO AND JULIET 

VOCABULARY LISTS  Romeo and Juliet Prologue      そのほか 

●ビデオでの解説

Study.com  

William Shakespeare's Romeo and Juliet analysis mrbruff ビデオで詳しく解説 全50回 

●詩

Blank Verse and Rhyme in Romeo and Juliet 

Owlcation Three Sonnets in Romeo and Juliet: Analysis and Explanation

Timeline 4日間の流れ

Timeline for Romeo and Juliet 

●原著の画像  

Second Quarto版  (Prologueあり)   Facsimile Viewer: Romeo and Juliet, Quarto 2 (1599) でのIf I profane ... 

First Folio版 British Library      Romeo and Julietはp.679から O, Romeo, Romeo    Tybalt slain   Romeo服毒 Juliet後追う Prince総括


■シェイクスピアが量産した英単語・名文句

1700語以上の単語と無数のフレーズ   彼が作ったか、あるいは彼が劇中で使うことで後世に伝えられたとされる単語  

同時は英語の語彙が少なかった。そこで自分の劇に必要な表現をどんどん作っていった

Shakespeare Onlineによると、その作り方:"changing nouns into verbs, changing verbs into adjectives, connecting words never before used together, adding prefixes and suffixes, and devising words wholly original."

●シェイクスピアが作ったと考えられている単語例

  

accessible accommodation addiction admirable     to arouse    auspicious amazement 

baseless bedroom belongings   to bet     birthplace    bloodstained bump buzzer  

to champion       cheap circumstantial   cold-blooded  coldhearted compact     to comply      to compromise   control  countless  critical

dawn defeat    to denote     disgraceful distasteful distrustful  domineering downstairs, dwindle, 

to educate     to elbow      embrace employer employment engagement equivocal eventful excitement exposure  

fairyland far-off farmhouse  fashionable fixture foregone fortune-teller freezing 

generous glow go-between      to gossip     green-eyed gust   

to hinge      hint hostile howl

 impartial     to impede    indistinguishable inducement informal investment invitation  invulnerable,

 lackluster lament laughable   leapfrog, lonely     love letter       lustrous 

madcap, majestic, manager marketable militarist  mimic misgiving  misquote monumental mountaineer 

neglect      to negotiate     never-ending newsmonger noiseless 

obscene (in Richard II),   ode  Olympian     on purpose     to operate      outbreak     to overpower     overview  

pageantry  paternal posture priceless profitless  Promethean protester published   puppy-dog

radiance    to rant      reinforcement reliance remorseless, resolve restoration restraint retirement      to rival 

satisfying savage savagery schoolboy scuffle    to secure      shooting star      shudder   skim milk     soft-hearted, stillborn       to subcontract       to supervise     successful suffocating    

time-honored   title page    tongue-tied     to torture    traditional   tranquil 

to undress       uneducated   unlicensed     unreal    unrivaled   unsolicited   unwillingness    upstairs    useful  useless

 varied  variety   vulnerable

watchdog     well-behaved    well-bred    well-educated   to widen     worn out    

  *2015ぐらいまで「2000以上」とも言われましたが、デジタル比較の研究が進み、シェークスピア以前の出典がある例もどんどん明らかになりつつあります。20190526リストから削除した:advertising, assassination, gloomy label lower luggage premeditated submerge summit swagger worthless など

    *経済用語も多い

    ・「ロミオとジュリエット」では fool's paradise、ladybird, star-crossed loversなどが使用されている。embrace, obsceneなども使われている

・出典

★★★The 422 Words That Shakespeare Invented 新しい研究成果らしい
★★The List of Words first used by Shakespeare in OED  OEDが初出としている単語のリスト
The Cambridge Encyclopedia of the English Language, Second Edition, David Crystal  p.63
Mabillard, Amanda. Words Shakespeare Invented Shakespeare Online. 20 Aug. 2000. (28 Aug. 2013) < http://www.shakespeare-online.com/biography/wordsinvented.html > などによる
Shakespeare invented list words」で最新を検索

 

 

 

●シェイクスピアの表現例

All our yesterdays (Macbeth)

All that glitters is not gold (The Merchant of Venice)("glisters")

All's well that ends well (title)

As good luck would have it (The Merry Wives of Windsor)

Better foot before ("best foot forward") (King John)

Break the ice (The Taming of the Shrew)

Breathed his last (3 Henry VI)

Brevity is the soul of wit (Hamlet)

Refuse to budge an inch (Measure for Measure / Taming of the Shrew)

Come what come may ("come what may") (Macbeth)


I must be cruel only to be kind
flesh and blood
in a fool's paradise


Forever and a day (As You Like It)

For goodness' sake (Henry VIII)

Foregone conclusion (Othello)

Full circle (King Lear)

foul play
the game is up
Good riddance (Troilus and Cressida)


green-eyed jealousy
It was Greek to me (Julius Caesar)
it is high time

Household words (Henry V)

In my mind's eye (Hamlet)

Infinite space (Hamlet)

It is but so-so (As You Like It)
Knock knock! Who's there? (Macbeth)


Laughing stock (The Merry Wives of Windsor)

Lie low (Much Ado about Nothing)

Love is blind (Merchant of Venice)

The Makings of (Henry VIII)

Melted into thin air (The Tempest)

Misery acquaints a man with strange bedfellows (The Tempest)

Naked truth (Love's Labours Lost)
neither here nor there
Not slept one wink (Cymbeline)

[Obvious] as a nose on a man's face (The Two Gentlemen of Verona)
One fell swoop (Macbeth)

Out of the jaws of death (Twelfth Night)

Parting is such sweet sorrow (Romeo and Juliet)

[What] a piece of work [is man] (Hamlet)

Pitched battle (Taming of the Shrew)

Salad days (Antony and Cleopatra)

Sea change (The Tempest) seen better days
Send packing (I Henry IV)
The short and the long of it (The Merry Wives of Windsor)

Snail paced (Troilus and Cressida)

Something in the wind (The Comedy of Errors)

Spotless reputation (Richard II)
Star-crossed lovers (Romeo and Juliet)

Such stuff as dreams are made on (The Tempest)
There's no such thing (?) (Macbeth)

at one fell swoop
Too much of a good thing (As You Like It)


a tower of strength
Truth will out (The Merchant of Venice)
Tut, tut! 

What the dickens (The Merry Wives of Windsor)

What's done is done (Macbeth)

What's in a name? A rose by any other name would smell as sweet. (Romeo and Juliet)
not one wink


出典
Words and Phrases Coined by Shakespeare   
The Story of English, p.145,
"Coined by Shakespeare" (Jeffrey McQuain and Stanley Malless, Merriam-Webster, 1998) など

Shakespeare Birthplace Trust.


■シェイクスピア そのほかの作品

Shakespeare全集 

Shakespeare and the Internet  Study Guideリンク集つき

Shakespeare's texts in original spelling 

作品の古い台本などの画像は www.library.upenn.edu/Electronic Libraryにある。Hamlet Act III Folio 1623 →

シェイクスピア劇に登場する土地をGoogle Earthで見るファイル 89 placemarks showing almost all the places quoted in Shakespearan plays

シェイクスピアって、おもしろい   (「こどものための〜」シリーズ  Shakespeare Can Be Fun こどものためのカナダの小学生用絵本に日本語訳を付けた本)

Shakespeare kids 子供用    

Shakespeare 洋書

Shakespeare 注 (注釈本)

Shakespeare 和書

Shakespeare Penguin Readers

Shakespeare Modern English

Shakespeare easy  ("Shakespeare Made Easy"シリーズなど)

Shakespeare annotated  注釈付き

マンガ・シェイクスピアが登場
イギリスの出版社が、イギリスの漫画家を起用してシェイクスピア劇をマンガにしました。英語は現代語訳ではなく原典の本格派。イギリスではマンガが浸透、多くの書店にマンガコーナーができています。絵は日本の少女マンガにそっくり、せりふは吹き出しの中に書かれています。 JT06/9/15p3
Manga Shakespeare       なお、週刊STでも独自のManga Shakespeareを07/3/16まで毎月4ページ連載。

Shakespeare manga

 



■出典・リンク

Folger Digital Texts, Folger Shakespeare Library  世界最大のFirst Folio収集 use for free, for any non-commercial purpose

The Cambridge Encyclopedia of the English Language, Second Edition, David Crystal 

明星大学図書館  世界第二の収集

研究社 シェイクスピア選集 5 ロミオとジュリエット」  権威ある決定版    Kindle版は注解なし

William Shakespeare    Romeo and Juliet    Penguin Classics   注釈付き

心に響け、シェイクスピア  英語で味わう名せりふ」  シェイクスピア入門

ロミオとジュリエット (音楽付き解説:レスピーギ「リュートのための古典舞曲とアリア」より“シシリアーナ”)

StagePlay 対訳

声に出して文句を言いたい日本語(4) 坪内逍遥訳がふりがな付きで

William Shakespeare Selected Quotes 

古典文学(=ネイティブにも難解) 学生用の注釈 study guides

CliffsNotes www.cliffsnotes.com 一部無料

SparkNotes www.sparknotes.com 無料

 Barrons Book Notes http://barronsbooknotes.com 

Biblomania www.bibliomania.com 

Shakespeare Birthplace Trust 

Common Words & Phrases in Shakespeare's World  基本的なthouから


 

順路
やさしくたくさん
やさたくリスト
英語無料学習
かけっぱなし
本 やさしくたくさん
中学英語
文法書
語法辞典
CD英語児童書
音読
英語日記
中学生へ
難しく沢山
英語ドラマ
英語番組セリフ
英語字幕放送
リスニング
英語歌
英語ジョーク
本 英語書き方
本 英語読み方
英字新聞教本
ニュース英語入門書
alpha(ST)紹介
alpha(ST)購読
ST英文記者
ジャパンタイムズ
JT週刊Sunday
サム記事
スランプ
英語楽しい
英語順路
英語俳句
英語で書く・文法
精読
冠詞
前置詞
語法
英語の数え方
英文賞状
辞書
辞典
world enough
単語
英語で言えますか
発音
質問サイト
就職
英検・TOEIC
CEFRとは
英語教材・サイト
書店フェア
留学・海外
英語育児
イマージョン
第二言語習得
英語の歴史
シェイクスピア
機械翻訳
英語を教える
英語プロ特訓本
英語でプロに
通訳・翻訳
国際公務員
英文記者なりたい
英文記者特訓
身長2倍日記
高原記者日誌
金魚
英文推薦状
小冊子
講演
やさたく図解
英語漬け
NHKニュース
NHK現代英語
TV
格言
ピアニスト
息抜き
大統領
世界
年表
ワンポイント
クリスマス英語
クリスマス絵本
サンタ社説
クリスマス歌
カリグラフィー
ローマ字
スカパー
ジャパンタイムズ史
エープリルフール
JT創刊号
英字新聞史
時事英単語集
ニュース英語
英字新聞読み方
英字新聞講演
見出しの読み方
英字新聞授業
紙面デザイン
Globish講演
ジャーナリスト/英
やさたく/ニュース
CNN反訳
加奈
英国雑誌
JTジュニア
ベン
Japan Info
旧掲示板
プロフィール
改定履歴
メール