小冊子たち

英語学習法の解説を中心に、ときどき小冊子(60ページくらい)を書きました。その時その時の私の関心を反映していて、なつかしくてかわいい小冊子たちです。これらはキャンペーン時にジャパンタイムズ社の発行紙(ジャパンタイムズ、ジャパンタイムズ・ウィークリー週刊ST)のいずれかを購読すると無料でもらえるプレゼント用です。
普通の本と違い、非売品なのでタイミングを逃すともう入手することはできません。私が書いたものは在庫がつき、すべて絶版になりました。
ほかの小冊子などで春秋にキャンペーンをやっています。


■「英語でプロになる法」
2001年春発行。この小冊子はプロ級の英語を身につける学習ガイドです。早く楽しく上達するコツ、学校英語ではあまり教えられていない現代英語の基本ルール、プロになる心構えなどを解説してあります。時事英語についてのエッセーもついています(取材メモの取り方、記事を書く心構えなど)

○…ジャパンタイムズに電話して、『英語でプロになる本』を送ってもらったり、サムさんのおかげで、引きこもりがちの自分が世間へ一歩踏み出せるきっかけになったように思います。ネットでも昔で言う「ROM」的な(今こんな言葉使うのでしょうか?)立場だった自分が、変わっていけるかもという気持ちになってきました。大学卒業後、地元の商工会議所で、簿記の講習を受けています。アメリカの会計士資格などが取れれば、英語と簿記の知識が生かせていいなあなどと、気楽なことを考え、勉強は続けていくつもりです。サムさんはじめ自分を伸ばしていくことに貢献してくれるすべての人々の明るい未来を信じています。 東京都・川野隆昭さん05/5/20

○サムさんのセミナー…比較的近所に、実弟がいるため、仕事を定時で切り上げてもらい子守を頼んでバタバタ駆け付けての参加でしたが、生サムさんに会えて話が聴けて感激でした。私に英語を勉強し直すきっかけを与えてくれた方でもあります(小冊子"英語でプロになる法"でした)。 東京都・N.M.さん04/8

●読者M.T.さんの感想メール(このホームページ経由でいただきました):

こんにちは!サムさんが執筆されたジャパンタイムス付録を拝見しました。最近英語の勉強に行き詰まり気味な私にとって、まさに目からウロコでした。

現在、留学を目指しTOEFLの準備をしていますが、難しい単語を覚えようとすればするほど、会話や作文がおぼつかなくなり、果ては簡単な言葉さえ出てこなくなるのです。

私は英語という木に水を与える必要があったのですね。

実は、私も同じようなことに何となく気付いていたのです。実際にネイティブが交わす会話や、雑誌(学術的でないもの)や新聞は決して難しい文法や語彙を多用したものではなく、また、ある決まった言い回しがよく使われるように感じました。

基礎に戻ると、時間のロスになるように思えて躊躇していましたが、これで安心しました。急がば回れですね。

がんばります!

●埼玉県・K・Tさん英語学習のための週刊STカバー

「英語でプロになる法」欲しさに週刊STを購読し始め、今ではすっかりはまっています

「やさしくたくさん」に大変共感し実行したいのですが、学校の宿題と予・復習に振り回され、今は「やさしく微量」です

 


 サムの小冊子(2001年までに6冊、計6万3千冊)はキャンペーンがすべて終了、絶版になりました。改定発行になった場合には、ホームページでお知らせします。

小冊子はキャンペーン期間中のみの提供です(通常は先着10,000名様)。