英字新聞の特徴と授業活用

(講演用スクリーン)

 


伊藤サム   NHK『ニュースで英会話』講師



(C)NHKワンセグ2009


NHK『ニュースで英会話』 TV:木曜1:30 pmほか (2010度)

ラジオ:月〜金8:30ほか  

ワンセグなどクロスメディア


*以下、講演スクリーン用のため、活字が特大になっていることがあります
ニュース英語と「見出し文法」の普及を願い、講演内容を公開したページです


 

■なぜニュース英語か 


●authentic materials(本物教材)への流れ
現実なのでインパクト 

読本では得られない知的満足度 

現実英語への橋渡しとして、模範的名文

→NHK英語講座に2009年に「ニュース」が登場
NHK『ニュースで英会話』という新しい流れ 

●仕事で使う上級英会話には、ニュース記事の論理性が必要
企画書・プレゼン・説得・議論・交渉  +各分野の語い
記事・アナウンサーのように知的・論理的にプレゼン

●ネットでの海外情報もすばやく取れるように

 

 


 

■ニュース英語の特徴

本物(authentic)

・教科書英語 = 文法正しい、標準英語、単語厳選

・現実の英語 = 文法崩れ 間違い(TV生放送 2回?)  

ニュース英語の位置付け

スタイル(表記)に差
見出し文法 (headline grammar)
お国なまり(特にTV)
全部分かる必要がない媒体 単語を全部覚えてもムダ
ニュースは概要さっとつかむことが重要
時事英語は浮沈、せっかく覚えても 繰り返し出てくる表現は定番
見出し専用語
辞書引き過ぎで挫折 → 知らない単語は推測guessするもの! (注釈付き教材もあり)

・国際的視点 バイアスは比較的少ない 
バイアス:英語 nationalism メディアの性格による

・国際ニュース →バランスの取れた視点 将来の予測ができるように 話題が豊富に

・難易度  テレビ(画像) < 英字新聞(家庭用媒体) < 雑誌(専門的)
・TVは受身、printは能動:新聞やネットでは、読者が情報を探していく

 

 


 

■文章法も学べる

教科書は正しい英語。名文ではない
ニュースは逆ピラミッド構造 = 結論から書く 
5W1H エピソード型リードも
action verbs 短文 シンプル 会話的 KISS


■英字新聞の種類

(1)ネイティブ用 
The Japan Times(日刊英字新聞)など 上級 毎日大量多読 王道

(2)学習用 
バラエティ。注釈が誤読防止
辞書なしで読みやすい 
受験/TOEIC 留学情報
・週刊ST(ジャパンタイムズ社)
・朝日ウィークリー(朝日新聞社)
・毎日ウィークリー(毎日新聞社)
・”Catch a Wave” 
STとの「出会い」 13歳 


(3)上級者
 The Japan Times WEEKLY 
 タイム/ニューズウィークの同類 +注釈

 


 


■授業での使用のコツ

導入:英語が苦手な生徒にも参加しやすく  
    新聞名、日付、値段を聞くなど
    天気予報、テレビ欄もあり

 

(1)記事を選ばせる
・情報の選択力など、リテラシーが伸びる
・好きな記事を選ぶので学習の動機付けにも
・あれこれ選ぶプロセスも多読になり、力が伸びる。流し読み(速読)ができるようになる

(2)要点を探す練習  
ポイント表現を探して下線を引かせる

(3)サマリーを書く・話す
サマリーを日本語で書かせる。英語で書かせる
サマリーを日本語で言わせる。英語で言わせる
ペア学習。→前に出て、(自分でなく)ペアの相手が言ったことを発表させる
*読解だけでなく、要点把握・書く・public speakingまでつなげる(スピーチ・ディスカッション)


・語彙強化:穴埋め問題 プロ本の例 高校教材例 

・上級:STなど対訳があれば「反訳」にも使える 
  反訳については「ニュース英語入門 」第二巻で特集

 

 


 


■使いこなすための注意点 

●第一面から読むと挫折 
    背景知識必要 →三面記事から

●単語を調べ(すぎ)ない  
頭の切り替えが必要  単語は少しずつ慣れていくもの

●つまみ読み 好きなものをたくさん読む

guess(推測)する力を伸ばす

●教科書の英語とは異なる点(見出し文法など)があ

●間違いもある  誤植、文法、情報、発音(TV)

 

 


 

 

■見出し文法10か条 


●見出しは情報ツール
ニュースを素早くスキャン 
インターネット時代は必須
見出しの特殊性 ネイティブにとっては自然 教えられていなかった

概要: 
見出しとは省略英語
時制は「ずれる」感じ
難読ものは、だじゃれ

見出しの読み方ページ内、「例文・画像付き」コーナー


 


 

 

■構文の特徴

【長い名詞句】 

前後にコンマ 

-ing分詞構文 

フレーズに分割

本『ニュース英語入門』ページ


■教材

●「ニュースで英会話」サイト
いま最もオススメできる無料サイト
数万円の価値がある 
毎日追加 映像は1週間で削除
投稿に参加すると効果最大に

●書籍

★『ニュース英語入門』シリーズ
(第一巻で「見出し文法」特集)

『ニュースダイジェスト・ビギナーズ』シリーズ 全11巻
月刊『ニュースで英会話』


英字新聞 見出し

 


 

 

■くわしい情報は『伊藤サム 英語の世界』(このサイト)
 http://homepage1.nifty.com/samito/ 

 

 

 

 

 


 

 

■教育界の方にお願い4つ 

やさたく:学校図書室に、やさしい英語読本・音声/映像教材をたくさん置いてください

・聞く:英語教科書には、音声・映像サイトを用意するかCDかDVDをつけてください

・図書室か教室の片隅に英字新聞(STなど)を置いてください。

・「見出しの読み方」も教えてください。見出しは情報ツールです

 

 

 


■多読で望ましいこと

量不足:中学〜高校教科書は洋書1冊未満の英語量 = 新聞一日分

中学生脳はすでに化石。大人がこれを克服するためには、大量多読など、頭から火が出るくらいの強烈な刺激を与えると、限界を超えて英語力が伸びる

ジャパンタイムズでの落ちこぼれ新人記者研修「身長の2倍」

「やさしくたくさん」

■講演例

2010/3/29 神戸・三宮研修センター 第2回 週刊STセミナー(教育関係者向け)  「英字新聞」で英語力を大きく伸ばす 第1部 英字新聞の世界へようこそ

2010/11/10 イーオン教師会議講演




■ニュース英語 関連ページから


英字新聞の読み方入門
見出しの読み方 
■本 英文記事の読み方
■本 ニュース英語教本
■週刊ST 内容購読ページ
■ジャパンタイムズWEEKLY  
ジャパンタイムズの内容
■NHK「ニュースで英会話」 
身長の2倍(記者特訓) 
高原記者日記 
金魚(記事の書き方)
英字新聞 講演
■英字新聞 授業活用例
サム記事 
英文記者になりたいページ 
エイプリルフールとジャパンタイムズ いたずら報道  
ジャパンタイムズの歴史 
ジャパンタイムズ創刊号紙面ページ 明治時代へタイムスリップ  
日本の英字新聞の歴史ページ  
紙面デザイン